おススメ記事
広告

韓国「造船業」は本当に世界的な産業なのか? 業績や先行きは……

広告

造船業」は韓国基幹産業とされています。

韓国の造船業は1990年代後半に低コストを売りに急成長し、それまでトップだった日本を抜き世界一になりました。現在も韓国は世界トップクラスの受注量を誇りますが、2020年の上半期はかなり苦しい状況に陥っています。

結論からいえば、韓国の造船業の先行きは決して楽観視できるものではありません。現状を確認してみましょう。

一時最悪の状況に陥った韓国造船業

造船においては日本欧州がトップランナーでしたが、1990年代に入ると韓国が低コストを売りに躍進。1990年代後半に世界トップに立ちました。

その後、2000年代中盤から中国の造船業が急成長し、そこから現在まで新造船受注のシェアは韓国と中国の2強状態で、そこに日本が追随している状況です。


単位は万総トン(GT)
データ引用元:『日本造船工業会』(本稿末のURLを参照)

上のグラフは『日本造船工業会』による2009年から2019年までの日本・韓国・中国の「新造船受注量の推移」です。

2009年は前年に起きたリーマンショックの影響、2016年は海運市場の低迷が原因で建造需要が下がたっため、新造船受注が激減しました。

韓国(オレンジのライン)の新造船受注量は2013年に一度持ち直すものの、長らく「構造調整を怠っていた」ことなどが原因で再び低迷し、韓国を代表する造船会社『STX造船海洋』が日本でいうところの「会社更生法」の適用を申請するといったことも起こりました。

さらに2016年の海運市場全体の低迷によって『大宇造船海洋』、『現代重工業』、『サムスン重工業』の造船大手3社が巨額赤字に陥ります。

こうした苦しい状況を打開するため、韓国政府は『大宇造船海洋』に対して巨額の金融支援を行いました。

これに対して日本政府から「政府の介入は国際ルール違反だ」と指摘を受けましたが、韓国は問題ないと主張しています。

政府の強力な支援が功を奏したのか、韓国の造船業は再び息を吹き返し、2017年に再び世界シェアトップに返り咲きました。とはいえ、新造船受注量は以前と比べるとほぼ右肩下がりで、2019年には1,737万トンまで下がっています。

2020年上半期船舶発注量はコロナの影響で壊滅的

右肩下がりの韓国の新造船受注量ですが、2020年上半期の船舶発注量はさらにひどいことになっています。

2020年07月07日付の亜洲経済新聞によると、韓国の「2020年上半期船舶発注量」は118万CGT(標準貨物船換算トン数)。2019年上半期が328万CGTだったので、約3分の1ほどです。

2020年上半期の売り上げを前年比で比較すると、

『現代重工業』の受注額は約20億ドル(約2,140億円)でマイナス44%

『大宇造船海洋』の受注額は約14億4,000万ドル(約1,540億円)でマイナス50%

『サムスン重工業』の受注額は約5億ドル(約535億円)でマイナス84%

と非常に大きなマイナスとなっています。

コロナの影響で全世界の船舶発注量が下がっているとはいえ、中国は全世界で575万CGTのうち61%に当たる351万CGTを受注しており、韓国との勢いの差は明確。韓国の受注数の低下は深刻です。

「カタールから100隻受注!」では利益は出ない

韓国はカタールの国営企業とLNG(液化天然ガス)運搬船100隻の「スロット契約」(本契約前に造船の生産能力を確保する契約)を結びました。

ただ、この契約ではフランスへのロイヤリティーの支払い額が収益(営業利益)とトントンだといわれており、企業に大きな利益をもたらさない可能性があります。詳細は以下の記事でご覧ください。

韓国はフランスの鵜(う)でもある。韓国がカタールからLNG運搬船「100隻」受注して「フランス1兆の儲け」
この新型コロナウイルス騒動で経済が危機的状況になっている韓国ですが、景気のいい話がありました。 カタールから液化天然ガス(LNG)運搬船100隻の製造を受注したのです。まさに特需です。 カタールは産油国として有名ですが、2019...

『大宇造船海洋』は独禁法に触れるのでは?

さらに韓国造船業界にとって向かい風になりそうなのが、上述の「『大宇造船海洋』への公的資金の投入」です。

2019年に『現代重工業』が『大宇造船海洋』を買収し、新設の持ち株会社「韓国造船海洋」傘下に両企業を収める計画を進めています。しかし、両社の合併には各国の競争法当局から許可をもらう必要があり、EU日本が難色を示しているのです。

特に日本は公的資金に投入問題について追及を緩めておらず、問題ないと突っぱねる韓国に対して「合併はNOだ」と言い出しかねません。

もし合併がうまくいかなければ、韓国造船業界にとって痛手となります。先行きを楽観視できない状況なのは変わりありません。

(中田ボンベ@dcp)

ドルから円への換算は2020年07月17日の「1ドル=107.15円」を用いました

●データ引用元
『日本造船工業会』「造船関係資料」

『亜洲経済新聞』「韓国造船業の受注、中国に続き 2位…今年上半期の発注量『10年来最低』」

『中央日報』「上半期韓国造船業受注干ばつ… 韓国37隻、中国の145隻」

広告
タイトルとURLをコピーしました