おススメ記事
広告

日本「地方銀行」大丈夫なのかの懸念

広告

かねてより先行きが懸念されている日本の地方銀行ですが、『Bloomberg』でもヤな話が取り上げられています。いわく「手負いの日本の地方銀行が生き残るためにリスクの高い債務を購入している」(以下の記事参照)。

⇒参照:『Bloomberg(英語版)』「Stricken Local Banks in Japan Buying Riskier Debt to Survive」
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-12-16/stricken-local-banks-in-japan-turn-to-riskier-credit-to-survive

収益が上げられない一部の日本の銀行は、格付の低い外国債券、CLOを購入しており、その金額は上昇を続けている。この投資によって銀行は損失に対して脆弱になってしまう。

とのことで、これは全くそのとおりであります。SBIホールディングスが地方銀行への投資に注力する、なんてニュースが10月に流れたところですが、地方銀行の健全性については注視しておく必要があります。

(柏ケミカル@dcp)

「CLO」とは? 「CBO」とは?
「CLO」とは「Collateralized Loan Obligation」の略で、「ローン(loan)」、すなわち「貸付債務」を証券化した金融商品で、日本語では一般に「ローン担保証券」と呼ばれます。 ややこしい言い...
「反中大将」とは? 中国人も認める「反中国」のお偉方
アメリカ合衆国と中国の対立が深まっており、中国では合衆国に対する非難が高まっています。中国共産党政府から直に声明が出されることもありますが、新聞・テレビなどのメディアからニュース、解説・論説などの形を取って流されることもしばしばです...
「為替介入」とは?
「為替介入」とは、「為替相場の急激な変動を抑え、その安定化を図るために、通貨当局が外国為替市場で通貨間の売買を行うこと」をいいます。「外国為替市場介入」を縮めた言い方が為替介入で、その正式名称は「外国為替平衡操作」です。 日本...
タイトルとURLをコピーしました