おススメ記事
広告

韓国「輸入企業」の予想為替レート「1,266ウォン」!これでは全企業「赤字」です

広告

2020年04月09日、韓国のあの『全国経済人連合会』から「為替レートの変動による輸入企業への影響」というプレスリリースが出ました。韓国の輸入企業に、

①2020年の事業計画を策定した時に想定していたドルウォンレートはいくらか
②「損益分岐ポイント」となるドルウォンレートはいくらか

をアンケート調査し、その結果をまとめたものです。

よくまあ正直に答えてくれたものですが、まず①の想定為替レートは、「1ドル=1,138ウォン」だとのこと。

この新型コロナウイルス騒動で「上半期にどこまでレートが進むか」という質問への回答は「1ドル=1,266ウォン」。さらに2020年の年平均は「1ドル=1,215ウォン」と予想しています。

どちらも事業計画策定時の「1,138ウォン」よりそれぞれ「11.2%増」「6.8%増」と大きく「ウォン安」に傾いています。

次に、②の損益分岐ポイントは業種別に以下のとおりだったと記載されています。

金属製品:1,263ウォン
化学製品:1,165ウォン
繊維製品:1,150ウォン
機械:1,147ウォン
電気電子:1,145ウォン
鉱物:1,138ウォン

⇒参照・引用元:『全国経済人連合会』「為替レートの変動による輸入企業への影響」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

ところが、上半期に予想どおり「1ドル=1,266ウォン」に達するとするなら、ここにある輸入企業の全業種が赤字になってしまいます。

ずいぶん悲観的なアンケート結果のように思えますが、企業が先行きを楽観的に捉えることはできないということでしょう。しかし、輸入企業の全業種で赤字になるかも……というのは驚きです。

(柏ケミカル@dcp)

韓国のゾンビ企業も「もう限界」。実は上場企業の1/5は利子も返せない
韓国経済にささやかれていた「四月危機」の実体が徐々に明らかになりつつあります。ここにきて韓国メディアでは「ゾンビ企業」「限界企業」という言葉が登場するようになりました。 本当は死んでいるのにまだ動いている死体、ゾンビにたとえているので...
韓国の銀行に「やっぱりお金がない」という話
2020年04月08日、韓国メディア『毎日経済』に「【独占】国際基準よりも強い規制…『どこの国の金融監督院なのか』と銀行」という記事が出ました。 先にご紹介した「銀行に『貸し出すお金がない』」という件の続報のような記事です。 ...
韓国の航空業界が破綻寸前。LCC(格安航空会社)が9社もあるという無理
『大韓航空』が経営的な危機に陥ってる件については先に記事でご紹介しましたが、これは同社に限った話ではありません。人の移動が世界的に制限されているため、どの航空会社も大変に困った状況になっています。もちろん日本でもです。 韓国で...