おススメ記事
広告

中国共産党が「カルト集団の定義」に完全に一致。という話

広告

『China News』に興味深い記事が出ました。

中国共産党は、1990年代後半から2000年代初頭、党の主張と相容れない、つまりは社会的に存在を認めることができない集団を「カルト」と定義し、「反カルト運動」を繰り広げました。

しかし、中国共産党自身がその定義にあてはまる「カルト」ではないか、というのです。

(前略)
カルトとは何か?

カルトの定義:「カルトとは、宗教の名の下に、または宗教的な目的のために設立された、いわゆる宗教団体で、法律で認められていない、または保護されていないもの」をいう。

その本質は、その主要メンバーが、政治的野心を実現し、様々な利己的な欲望を満たすために、宗教の旗印の下に風評や異端を生み出し、流布して大衆を欺き、社会や国民の生命・財産を危険にさらす違法・犯罪行為を行っていることにある。

中国の国営メディアが出した定義によるとこうなるが、中国共産党がこの定義を満たしているかどうかを見てみよう。

第一:1920年(旧ソ連の公文書館によると)、中国共産党は極東中国のロシア共産党の支部で、マルクス主義の原則に従って設立されたもので、国家法では保護されていなかった。

これは、中国共産党メディアが示した「カルト」の定義の前段「宗教の名の下に、あるいは宗教的動機をもって設立されたいわゆる宗教団体で、国家法では認められず、保護されていないもの」と一致している。

そもそも、マルクス主義は宗教団体に似ている(マルクス主義は古代ペルシャのサモア宗教を起源とし、朱元璋が使っていた明教も本質的には同じ宗教であり、どちらも「黒は白」という哲学的論理を標榜している)、次に、中国の正当な政府である北京政府に認められず、保護されていなかったこと、である。

第二:中国共産党が成立した後、毛沢東を筆頭とする中国共産党指導者は、貧しい大衆のために戦う(地主と戦い、土地を分割する)という考えで、中華民国(中華民国)に代わって疑似政権を樹立しようとした。

しかしその実、毛沢東は中国の皇帝になりたいと考えていた。日中戦争中、毛沢東は日本軍と協力して中国を平等に分断しようと陰謀を企て、自らの野望を明らかにした。

その後、国民党と共産党との内戦の中でついに政治的野望を実現し、「中華人民共和国」という疑似政権を樹立した。

これは「本質は、政治的野望を実現し、様々な利己的な欲望を満たすために、彼の指導的要素が、宗教の旗印の下に、大衆を欺き、社会を危険にさらすために、風評や異端を創造し、広めている」という原則に完全に合致するものである。

大衆の生命や財産を危険にさらすなどの合法的な犯罪行為を行う「悪のカルト」という中国のメディアが与えた定義は、中国共産党と完全に一致している

従って、定義上は中国共産党は悪のカルトと完全に適合する
(後略)

⇒参照・引用元:『Cina News』「按照中共國媒體給邪教下的定義,看看中共是否滿足邪教的特徵?」(原文・中国語/筆者(バカ)意訳)

また、記事の後段は以下のように要約できます。

悪のカルト集団の特徴とは? 中華人民共和国メディアのリストによると、以下のような特徴があるという。

1:神格化された指導者と指導者崇拝
2.マインドコントロールを行う
3:「終末論」を説く
4:秘密結社である
5:お金と富を蓄積する
6.反科学的
7:反社会的で反政府的

要するに、中国共産党は反社会的、反政府的、犯罪者カルトである。

中国共産党の出自についてはともかく、「1」「2」「5」「6」については条件を満たしているように思われますが……。読者の皆さんはどのように判断されますか?

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました