おススメ記事
広告

韓国「原発で水素を作ろう」。絶対に事故を起こさないでほしい

広告

最初に小ネタであることをお断りして始めさせていただきます。誠に申し訳ありません。

取り組みとしては極めてまっとうなのですが、なぜかイヤな予感がするという話です。「P2G」(Power to Gas)という技術があります。エネルギーを水素の形でためておこう、というものです。

例えば、太陽光発電や風力発電では、天気・風によって発電量が変化します。カンカン照り、風がビュービュー吹いたりすると発電量は大きくなり、曇天続きや無風ではパタリと発電量は小さくななります。このような振幅があっては困るので、発電量が過剰なときにその電力を使って、水の電気分解を行い、水素の形でエネルギーを貯蔵しておこうというわけです。

来たるべき水素社会におけるキーテクノロジーとしてこのP2Gも注目されているわけですが、韓国内でも進めようという話があります。

『韓国水力原子力発電』の研究所が、原子力発電所で水素を作ろうとしている

とのことです。

繰り返しますが、取り組みとしてはまっとうです。

しかし、そもそも「爆発」「火事」がお家芸とされる韓国において、原子力発電所で水素を作ろうという話です。誠に申し訳ないのですが、くれぐれも事故など起こさぬようにしていただきたいものです。

⇒参照:『Business Korea』「KEPCO to Develop Technology to Produce Hydrogen at Nuclear Power Plants」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました