国際通貨基金

トピック

「中国を倒す最強の一手」中国へのドル供給を断て!

アメリカ合衆国と中国との対立が激化していますが、これは中国共産党政府が完全に左前になるまで続きます。 最強の一手は「ドル決済網」からの締め出し 現在、合衆国はさまざまな手段、例えば国内の総領事館の封鎖、南シナ海での軍事演習などで...
トピック

【通貨危機と同レベル】韓国はコロナから回復しない。「今年中は低迷」不可避と予測。

2020年の韓国の経済成長率を、『IMF』(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)は「-2.1%」と予測しています。 この予測に対して『韓国銀行』の、あの李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「IMFとは見解...
トピック

【ダメでしょ】韓国の雇用創出は「1.6兆」投入して短期バイトを増やすだけ

韓国の文在寅大統領が「韓国版ニューディール」を唱え、「55万人の雇用を生み出す」と号しているのは先にご紹介したとおりです。 しかし、この「雇用創出」が非常に頼りなく、また新型コロナウイルス騒動で失業者が増えている中、根本的な解決からは...
トピック

韓国政府は正気なのか「4次補正予算が必要」「債務比率60%までいける」

いくぜ!「35兆3千億ウォン」の第3次補正予算 国内にお金を回すために、政府の支出を増やしている韓国。 ついに第3次補正予算まで編成されることになり、政府案の予算規模は「35兆3,000億ウォン」でした。簡単にいえば、「政府が3...
トピック

IMF局長が喝!「韓国は公務員をむやみに増やすな」お金の投入先が間違ってる

韓国では新型コロナウイルス騒動に対応するため、政府が予算をめいっぱい拡大してお金を回そうとしています。現在も例の「35兆3,000億ウォン」規模の第三次補正予算審議の真っ最中。 先にご紹介したとおり、巨額な借金を政府が背負うことになる...
トピック

韓国の人は自国の「借金まみれ」を心配すべき! IMFリポートに見る韓国の負債急増(民間部門)

新型コロナウイルス騒動で、韓国もご多分に漏れず「金融緩和」の大盤振る舞いです。お金をじゃぶじゃぶ突っ込んでいるわけですが、支援の原資が国債発行などの「借金」であるため、韓国メディアでも「大丈夫なのか」と指摘する報道が増えています。 そ...
トピック

韓国の危機対応力が高まった? 死神「IMF」との関係強化では?「チェンマイ・イニシアティブ」改訂

2020年06月23日、韓国メディア『中央日報(日本語版)』に「ASEAN + 韓日中の通貨スワップ発効、韓国の金融危機対応力高まる」という記事が出ました。 ナニの話かといいますと、「チェンマイ・イニシアティブ」(Chiang Mai...
トピック

韓国銀行が「今年はマイナス成長だ。チクショー!」「アジア通貨危機」以来22年ぶり!

2020年05月28日、韓国の中央銀行である『韓国銀行』から「2020年の経済成長の見通しは『マイナス0.2%』である」という発表がありました。 これまでは「2.1%」と強気な姿勢だったのですが、第1四半期の決算、輸出の大幅減など、ロ...
トピック

「日本の財政は健全」とIMFは言ったか? それなら「消費税を15%に」とは言わない

日本政府の財政の状況は火の車といわれます。財務省からの「国民一人当たりの借金が○○万円」なんて話が耳にタコができるほど聞かされてきました。 これに対しては、「それは借金だけを見た話であって、日本政府は資産も保有している。借金と...
トピック

「IMF」が1997年のアジア通貨危機時に「韓国を助けない」可能性もあった

IMF(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)は「最後の貸し手」と呼ばれ、国家がデフォルトを起こしたときには立ち直るための資金を提供してくれます。 しかし、一方で立て直すための処方箋はたいて...
トピック

合衆国は「IMF」を中国から守る! 「資本増強」見送りで中国を阻む

10月08日、『REUTERS(日本語版)』に面白い記事が出ました。IMF(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)が10月に開催される総会において「合意を目指していた資本増強」を先送りすることが分...
トピック

アルゼンチン「100%ドボン」と断言される 通算9回目のデフォルト近し

世界を股に掛ける高利貸し「IMF」(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)に「SBA」(Stand-by Arrangement:スタンドバイ取り決め)を要請するなど、2018年05月から通貨安で...
トピック

中国の「約束不履行」は続いている

香港ではデモが継続されています。ついに警官隊がデモ隊に対して催涙弾を発砲し、中国政府が「武警」と呼ばれる治安維持のための武装部隊を投入するのも時間の問題と見られています。香港のデモは、「50年間は香港の高度な自治を認める」とした香港...
トピック

アメリカ一強政策でドル高基調も外貨準備のドル保有は減る!?

合衆国・トランプ大統領が標榜する「アメリカファースト」は、とりもなおさず「世界各国がどうなろうとアメリカさえうまくいけばいい」という「アメリカ一強」政策です。そのため、同盟国だろうが何だろうが全方位で難癖をつけ、脅しつけています。 ...
トピック

「G20」はやっぱりグダグダ

アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された『G20』は各国の足並みは揃わず、やっぱりぐだぐだで終わりました。 アメリカ・トランプ大統領が自国のFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に圧力を...
タイトルとURLをコピーしました