おススメ記事

韓国「断食中の李在明」救急車を呼ぶ。

広告

韓国最大野党『共に民主党』の李在明(イ・ジェミョン)党首ですが、2023年09月17日で断食を始めてから18日目になります。

先にご紹介したとおり、李在明(イ・ジェミョン)さんが断食の場所を「党代表室」に移動したため、無期限断食の様子を見られなくなっています。

同日、17日には、断食中断と入院が必要だという医療陣の診断に救急隊を呼んだのですが、李在明(イ・ジェミョン)さんが「絶食を続ける」という頑固な意志を見せたため、119救急隊は撤収しました。

2023年09月16日、『共に民主党』は土曜日だというのに緊急議員総会を開き、所属議員全員の名義で「対政府闘争宣言および韓悳洙(ハン・ドクス)国務総理(首相に相当)解任件議案」の提出を議決しました。

↑一晩説得したが、李在明(イ・ジェミョン)さんは断食を止める意思はなく、内閣総辞職を促す決議を行った――と報じる『SBS』(YouTubeの公式チャンネル)

やっていることは、まさに活動家のそれですが、これに対して与党『国民の力』は嘲笑するかのような姿勢を見せています。


↑2023年09月14日14日に開催された『国民の力』最高委員会議。

『国民の力』報道官は、記者からの「(『国民の力』の:引用者注)キム代表が李在明(イ・ジェミョン)代表を直接訪れる意向はないのか」と聞かれ、「ありません」と明言しました。


↑先記事「大人げない2人」でご紹介しましたが、左が『国民の力』のキム代表。右は李在明(イ・ジェミョン)さんです。

それはそうでしょう。李在明(イ・ジェミョン)さんが勝手に行っている断食であって、キム代表が訪問しなければならない理由はこれっぽっちもありません。

先にご紹介した「文在寅前大統領が李在明(イ・ジェミョン)さんを見舞うのでは?」という予測が出ているのは、2023年09月19日。断食20日目となります。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました