おススメ記事
広告

韓国銀行「通貨スワップ」利用の「第4次」ドル入札実施!落札は「21億1,900万ドル 」でまた札割れ!

広告

2020年04月21日、韓国の中央銀行である韓国銀行FEDFederal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したドル流動性スワップ(これを韓国では「通貨スワップ」時に「通貨スワップ協定」と呼んでいます)を利用して、市中銀行にドルを供給するための第4回目のオークションを実施しました。

この第4次オークションでは、供給限度額「40億ドル」でした。内訳は「6日満期:5億ドル」「84日満期:35億ドル」でしたが、結果は以下のとおりになりました。

6日満期:応札なし
84日満期:21億1,900万ドル
計:21億1,900万ドル

これまで4回行われたオークションいずれも札割れという結果です。

これで韓国がドル流動性スワップを利用して調達したドルは計「172億7,900万ドル」となりました。

FEDは毎週ドル流動性スワップがどのように利用されたかの「Operation Results」(運用結果)を公表しています。滞納などしようものならスグに全世界に分かってしまいます。

次の公表は2020年04月24日(金)です(合衆国の現地時間)。公表を楽しみに待ちましょう。Money1でもご紹介するようにいたします。

韓国メディアは「通貨スワップ」あるいは「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

(柏ケミカル@dcp)

広告
「もって2カ月」とされた韓国『アシアナ航空』に国策銀行が「1兆7千億ウォン」突っ込むことが確定!
韓国の航空業界はどの企業をとってもトびそうなわけですが、先にご紹介したもはや崖から落ちていると言っても過言ではない『アシアナ航空』の件です。 韓国メディアから「もって2カ月」と判断された『アシアナ航空』ですが、2020年04月...
「心血管手術」で金正恩が寝込んでいる別荘は、金日成が「心疾患」で死去した場所か
CNNから、「金正恩が心血管系の手術を受け、重体となっており、現在は香山郡の別荘で治療を受けている」という情報が出ました。 ⇒参照・引用元:『CNN』「北朝鮮の指導者が手術後に重大な危機に瀕している:合衆国の監視情報」(原文・韓国語/...
【四月危機】「1兆ウォン」の政府支援を受けた韓国企業が提訴される!「政府支援を取り消せ!」
あの『斗山重工業』が、政府から受ける支援について提訴されるという事案が起こりました。 Money1でも数度取り上げていますが、『斗山重工業』は、東芝から盗まれたハードディスクが渡ったとされる企業(確証は得られていません)。ハードディス...
タイトルとURLをコピーしました