おススメ記事
広告

【3千億の損害】韓国「詐欺などの金融事件」の被害額が急増!

広告

2020年05月26日、韓国メディア『ソウルファイナンス』に「国内の金融事故、毎年減少…100億大事故は急増」という記事が出ました。

これは韓国の「金融監督院」が公表した「2019年の金融事故発生状況と対応策」を基にした記事。一部を以下に引用します。

国内金融事故が毎年減少を見せているが、事故金額はかえって大幅に増加し、大型化の様相を示した。特に金融投資を中心として1,000億ウォン台の大型詐欺が発生して事故の金額が大幅に増加した。

⇒参照・引用元:『ソウルファイナンス』「国内の金融事故、毎年減少…100億大事故は急増」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

記事の原文では「事故」となっているのですが、日本で金融事故というと一般には「借金の返済が遅れたり、返済ができなくなる」ことを指します。しかし、記事で扱っているのは「詐欺事件による被害金額」などなので、日本では「事件」と呼ぶべき案件でしょう。

それはともかく、この「事件」の件数自体は減少しているのですが、被害額は急増しています。

(前略)
ただし、金融事故金額は3,108億ウォンに達した。前年(1,296億ウォン)に比べ139.8%(1,812億ウォン)急増した。

100億ウォン以上の大型金融事故が6件で、前年(1件)より6倍に増加し、1,000億ウォン以上の金融事故が2016年以来に発生した影響である。
(後略)

グラフにすると以下のようになります。

韓国での2019年の被害額「3,108億ウォン」(約271億円:2020年05月26日「1ウォン=0.087円」で換算)というのは、国の経済規模を考えるとかなりものです。

「もって他山の石とすべし」といいますが、うまい投資話に乗せられないようにいたしましょう。

(柏ケミカル@dcp)

広告
【投資家がスルー】韓国大手企業の社債に「需要ゼロ」の衝撃!
2020年05月22日、韓国メディア『韓国経済』に韓国社債市場の沈滞ぶりを象徴するような記事が出ました。 韓国「ハンファグループ」の企業、『ハンファ建設』が1,000億ウォン規模の社債発行のため、事前需要を確認したところ、機関投資家か...
韓国の会社の倒産件数が急増中!いわくつきの権利まで売り出す
韓国経済が危機的な状況で、2020年第1四半期(01-03月)のロクでもないデータが次々と明らかになっていますが、韓国の会社の倒産件数が急増していることが分かりました。 上掲は韓国最高裁判所がまとめた2020年第1四半期の倒産...
財源を考えない韓国「借金大統領」。50兆の予算(借金)を追加予定
2020年05月25日、韓国で大統領府で「国家財政戦略会議」が開催されました。韓国経済が危機的状況にあるため、どのように対応するかを話し合うためです。 現在、韓国政府は種々の支援策を打ち出してお金を回そうとしています。ただし、この「回...
【1人当たり1,000万超え】韓国国民の「税金・年金・保険料」負担が増大
2020年05月24日、韓国メディア『韓国経済』に、 「国民1人当たりの税金・年金・保険料負担額が1,000万ウォンを超えた」 という興味深い記事が出ました。 同記事では「国民1人当たりの『税金・年金・保険料』負担額」を算...
タイトルとURLをコピーしました