おススメ記事
広告

【韓国経済の崖っぷち】一般家庭の債務の増加速度が尋常ではない!

広告

韓国家計債務が危機的状況にあるのは今に始まったことではなく、世界を股にかける高利貸し「IMF」(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)がずいぶん前から指摘していました。

家計債務というのは、至極簡単にいえば「一般のご家庭が背負っている、返済しなければならない借金の額」です(最大のものは普通「住宅ローン」です)。

しかし、「韓国の借金」の伸び具合がアジア新興国でも一二を争うほどとなり(本当です!:出典『BIS』)、改めて韓国の家計負債について「これはダメだぞ」と注目されています。

どのように危ないかをまとめてみると以下のようになります。まず直近の「債務の伸び率」です。

韓国家計負債の「伸び率

2019年第3四半期:3.9%
2020年第1四半期:4.1%
2020年第2四半期:4.6%

これは前期と比べて家計負債がどのくらい増加したか、その割合ですが、ご覧のとおり伸び率が上昇しています。で、以下が借金総額です。

2020年第2四半期末時点
家計信用残高:1,637兆3,000億ウォン

まずいのは低所得で多重債務者(3件以上の金融機関借り入れがある)が増加しています。

低所得&多重債務の人への融資:81兆3,000億ウォン
(家計への融資の5.3%

さらにまずいのは、資産を売却して債務の返済ができない「ハイリスク世帯」の増加が尋常ではないということです。

例えば住宅ローンの借り入れが「5,000万円」あっても「7,000万円の不動産を保有している」のであれば、その人は特に大変なわけではありません。しかし、そうではなくて「資産を売却しても負債を返せない人」を「ハイリスク世帯」として見ると、韓国ではこれが急増しているのです。

ハイリスク世帯の推移
2015年:29万9,000世帯
2017年:32万4,000世帯
2019年:37万6,000世帯

2020年のデータはまだありませんが、増加速度は増しています。

家計ですので住宅ローンによる借金が多いわけですが、これで資産価値の暴落が起こったらどうなるでしょうか。もちろん阿鼻叫喚の地獄絵図です。

韓国「総負債5千兆ウォン」に達していたことが判明!すでに対GDP比「256%」
韓国では政府・家計・企業の3つの分野で債務(返済しなければならない借金)が雪だるま式に増加していますが、2019年の時点でその総額が「4,916兆ウォン」に達していたと、韓国メディアから報道が出ました。 まずお詫びを申し上げます。 ...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました