おススメ記事
広告

中国を沈めるための超強力な法案が米上院で可決!「コロナの起源を明らかにせよ」も入っている

広告

2021年06月08日、アメリカ合衆国上院で例の「US Innovation and Competition Act of 2021(合衆国イノベーションおよび競争法)が68対32の賛成多数でついに可決されました。

Money1では以下の記事で1,445ページもある法案(bill)の大筋をご紹介しましたが、これは明確に中国を沈めることを目的にしたものです(まだ法律ではありません)。

米「イノベーションおよび競争法」とは? アメリカが中国を打倒するための法律!
2021年05月27日、アメリカ合衆国上院で上程された「US Innovation and Competition Act of 2021(合衆国イノベーションおよび競争法)は、中国との全面衝突へ進む包括的な法案です。 まず『合衆国共...

長くなるので上掲記事では触れられませんでしたが、今回の新型コロナウイルスの起源についても調査しろという項目がちゃんと入っています。

このセクションでは、

新型コロナウイルスの起源を徹底的に調査し、詳細な報告書を180日以内に提出せよ

と定めているのです。

少し長いですが以下に引用します(面倒くさい方はざっとでも眺めてください)。

SEC. 3217. REPORT ON ORIGINS OF THE COVID–19 PANDEMIC.
コロナ19パンデミックの起源についての報告

(a) 議会の見解:以下のような議会の見解がある。

(1)合衆国が将来的にパンデミックによる健康上の脅威に対してより良い準備、予防、対応ができるように、COVID-19パンデミックの起源を理解することは極めて重要である。

(2)COVID-19パンデミックが全ての合衆国人に影響を与えることを考えると、合衆国民はCOVID-19の起源に関して合衆国政府が保有する情報を適切に知るべきである。

(3)議会は、SARS-CoV-2ウイルスの起源を研究するために世界保健機関(WHO)から中華人民共和国に派遣された国際専門家チームが「大幅に遅れ、完全なオリジナルデータやサンプルへのアクセスができなかった」という、合衆国政府および他の13の外国政府が表明した懸念を共有している。

(4)2021年3月30日に発表されたWHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレヨサス博士の声明では、調査チームが必要な生データへのアクセスに「困難」を感じていたこと、「まだウイルスの発生源を発見していない」こと、「ウイルスの発生源を発見していない」ことが確認されている。そして、全ての仮説がテーブルの上に残されている」と述べている。

(5)独立した専門家が、関連するすべてのヒト、動物、環境のデータ、生きたウイルスのサンプル、研究、および初期段階に関与した人員に完全にアクセスできることが重要である。

独立した専門家は、このパンデミックがどのようにして発生したのかを判断するために、関連するすべてのヒト、動物、環境のデータ、生きたウイルスのサンプル、研究、パンデミックの初期段階に関与した人員に完全にアクセスすることが重要である。

(b)本法制定後180日以内に、国家情報長官は、国務長官、保健福祉長官、エネルギー長官、その他の関連行政機関と協力して、以下の内容の報告書を議会の適切な委員会に提出しなければならない。

(1) SARS-CoV-2ウイルスの発生源または起源の可能性が最も高いと思われるものを評価。これには、合衆国政府がこれまでに入手した情報に基づき、人獣共通感染症による感染と波及、武漢ウイルス研究所(WIV)、またはその他の発生源、感染、波及源を含む、SARS-CoV-2ウイルスの発生源または起源に関連する可能性があると合衆国が認識した全ての情報の詳細な検討を含むものとする。

(2)合衆国政府によるSARS-CoV-2ウイルスの病因に関する有力な説、それらの説を検証するために合衆国がとった措置、SARS-CoV-2ウイルスの最も可能性の高い発生源または起源に関する合衆国の情報機関、行政機関、行政官の間での評価の相違または反対意見、およびそのような相違または反対意見の根拠の特定。

(3)SARS-CoV-2ウイルスの感染源を特定し、調査するために合衆国政府がとったすべての手段の説明。その努力のタイムラインを含む。

(4)SARS-CoV-2ウイルスの発生源を特定するために、合衆国とWHOが要求し、アクセスしたデータの詳細な説明。SARS-CoV-2ウイルスの感染源を特定するために、合衆国とWHOが要求し、入手したデータの詳細。

(5)中国が、SARS-CoV-2ウイルスの感染源や感染経路を特定するための調査や研究(実験室からの情報漏えいの可能性を含む)に協力、妨害、干渉したり、中国や中国共産党によるSARS-CoV-2ウイルスの感染源や感染経路に関する誤報や偽情報を作成、拡散しようとしたり、国や地方の政府機関や保健機関を含む努力をしていること。

(6)コロナウイルスの研究活動および機能獲得研究を含むWIVおよび関連施設に関して合衆国政府が知っている情報の詳細な説明、COVID-19と一致する症状を呈した研究所関係者の病気の報告、最終的な診断、および時間と最終的な診断、コロナウイルスに関連する研究の年表。

(7)SARS-CoV-2のようなウイルスが発生した場合に、情報開示と協力を求めるPRCの既知の義務のリスト。

(8) コロナウイルスに関する合衆国の中国との関わりの概要。

(A)コロナウイルスに特化した中国のWIVおよび同様の研究所に対する合衆国の関与についての詳細な説明。これには、合衆国政府が後援する研究および資金提供、および「トラック1.5」や「トラック2」のような外交的な関与の詳細な説明が含まれる。

および

(B) PRの機能獲得型研究を支援するための合衆国政府の資金提供に関する追加調査の評価。

また、機能向上研究の一時停止期間中(2014年~2017年)に、中国での機能向上研究を支援するために合衆国政府の資金が使用されたかどうか。

(c) 形式-サブセクションで要求される報告書は……

(b)……非分類の形式で提出されなければならないが、分類された付属書を含むことができる。

(以下は定義の部分なので省略)

合衆国の本気度がお分かりいただけるでしょう。

中華民国の旗を主権の象徴として認める!

また、同じく前記事では触れられませんでしたが、この上の「SEC. 3216. TAIWAN SYMBOLS OF SOVEREIGNTY.」は台湾の中華民国旗を主権の象徴として認めるというセクションです。

ここまできたら台湾を国として認めるといったも同然ですが、最後のところで一歩踏みとどまっています(引用最後の(C)項を参照のこと)。このセクションも少し長いですが引用します。

SEC. 3216. TAIWAN SYMBOLS OF SOVEREIGNTY.
台湾の主権の象徴。

(a)一般的に――国務長官は、本法が制定された日から90日以内に、明示的にも暗黙的にも、合衆国人の活動に対する制限や制約を含めて、中華民国(台湾)の軍隊の構成員および台北駐米経済文化代表処(TECRO)の政府代表が、中華民国の主権の象徴である以下のものを公式の目的で展示することを制限する連絡先ガイドライン、内部制限、外交マニュアルまたは外交ハンドブックのセクション、関連するガイダンス、または関連する政策を取り消すものとする。

(1)中華民国(台湾)の国旗
および
(2)軍隊の紋章または記章

(b)公式の目的の定義-本項において「公式の目的」とは以下を意味する。

(1)公式のユニフォームを着用すること
(2)政府主催の式典や行事を行うこと
あるいは以下
(3)国務省のソーシャルメディアアカウントで台湾との交流をアピールすること

(C)構成の原則-本節のいかなる内容も、中華民国(台湾)との外交関係の回復を伴うもの、または台湾の国際的地位に関する合衆国政府の立場を変更するものと解釈してはならない

バイデン大統領はこの法案を歓迎している!

このように、「合衆国イノベーションおよび競争法」はどの章、節をとっても中国を怒らさずにはおかない法案です。ぜひ先の記事と合わせて他の部分も確認してみてください。

まだ法案ですが、これは法律になるのでしょうか?

答えはイエスです。高い確率で下院も通過し、バイデン大統領もサインするでしょう。

なぜなら今回の上院での可決について、ホワイトハウスは以下のような声明を出しているからです。


↑2021年06月08日のホワイトハウス声明

この声明の最後は以下のように結ばれていますから。

(前略)
I look forward to working with the House of Representatives on this important bipartisan legislation, and I look forward to signing it into law as soon as possible.

超党派のこの重要な法案を下院と協力して進め、一日も早く署名することを楽しみにしています。
(後略)
⇒参照・引用元:『ホワイトハウス』公式サイト「Statement of President Joe Biden on Senate Passage of the U.S. Innovation and Competition Act」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました