おススメ記事
広告

韓国ついに貿易収支「赤字」に転落!20カ月ぶり

広告

貿易収支」は「貿易でいくらもうかっているのか」を示す、韓国にとって最も重要な指標です。

韓国関税庁のデータによれば、2021年12月01~20日で貿易収支(輸出 – 輸入)は赤字でした。

どうせまた不可思議な黒字になるのだろう、と注目していたのですが※1――黒転しませんでした

2021年01月01日の産業通商資源部のデータによれば以下のようになっています。

2021年12月
輸出:607億3,500万ドル+18.3%
輸入:613億2,100万ドル+37.4%
貿易収支:-5億8,600万ドル

⇒参照・引用元:『韓国 産業通商資源部』公式サイト「2021年12月および年間輸出入動向」

ご注目いただきたいのは、輸入金額とその伸びです。

輸入がついに600億ドルを超えました。対前年同期比で、輸出が「+18.3%」なのに、輸入はなんと「+37.4%」となっています。

この輸入金額の伸びで、貿易のもうけを示す「貿易収支」が圧迫され、12月はマイナスのままで締まったのです。

産業通商資源部の公表データで貿易収支が赤字になったのは、実に20カ月ぶりのことです。

この前に赤字だったのは、ドボン寸前だった2020年04月で、赤字額は「-9億5,000万ドル」でした。ただ、これは「残酷な四月※2でしたから当然の結果だったともいえます。

しかし、今回は「12月」です。

この赤字はもちろん、韓国が輸入しなければならない資源、中間財、資本財の価格が上がっているためです。

輸入額の増加幅
原油:+73.8%
石油製品:+177.5%
ガス:+97.1%

と特にエネルギー関連が著しい増加を示しています。産業通商資源部は「赤字は一時的なもの」としていますが、それは資源価格がどうなるのかによるでしょう。

不可思議な黒字転換が見られなかったことには少し安心しましたが、12月01~20日時点では「-26億5,500万ドル」でした。

これが「-5億8,600万ドル」で締まったということは、12月21~31日の11日間は貿易収支は「+20億6,900万ドル」で回ったことになります。

最後の11日間だけ「+20億6,900万ドル」というのは本当のことなのでしょうか。

結局、2021年通年で輸出入・貿易収支がどうなったのか」については、明日別記事を上げます。お読みいただければ幸いです。

※1韓国の通関ベースのデータでは、月の20日までは赤字でも最後の10日間でなぜか黒字にひっくり返るという、実に不思議な現象が見られます。例えば以下の記事をご覧ください。

【速報】韓国07月の貿易収支が黒転。11日間で黒字が57億ドルも増える不思議
2021年07月31日、韓国の産業通商資源部から07月の輸出入のデータが出たようです。「ようです」というのは、本記事を書いている現時点で同部からプレスリリースが出ていないからです。不本意でありますが、韓国メディアからデータを引きます。 ...

なぜこのような不思議な現象が起こるのかについては、韓国ウォッチャーの第一人者鈴置高史(すずおき たかぶみ)先生が「インチキ」と指摘しておられます。以下の記事を参照してください。

「韓国の通関統計はインチキ」という指摘
小ネタかもしれませんが、韓国の通関ベースの貿易統計についてです。 Money1では毎月、韓国の関税庁が公表している輸出入動向についてご紹介しています。月の20日までは赤字だったのに、産業通商資源部から「先月分が締まりました」として出...

※2韓国ではこういう詩的な呼び方があります。外国への配当支払いが集中するため04月には資金流出が大きくなり、経常収支が赤転する可能性が高いのです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました