中国「外交」王毅「おまいう」発言連発の笑止

中国の外交担当国務委員兼外交部長(要するに外務大臣に相当)の王毅さんが、韓国を訪問。今回王毅さんが韓国に赴いたのは、近い将来、習近平国家首席が訪韓するときのための「地ならし」といわれています。

「韓国の世論を親中的なものにすべし」だそうです。

「客が主のもてなしについてとやかく注文をつけるとは何事か!」と戦国武将・伊達政宗さんならいいそうなものですが、中国ではこのようなことは当然なようです。

鏡をご覧になったらいかがでしょうか?な王毅の発言

また、王毅さんは韓国の康京和外交部長官と会談を行ったのですが、その中で以下のような発言があったようです。

「中国は独立・自主的な平和外交政策を追求する」

「大国や小国の平等と国際関係の民主化を主張する」

「大きいからといって小さいものを見下したり、力を信じて弱者を苦しめること、自分の考えを強要することに反対する」

「他の国の内政に干渉することも反対する」

⇒参照・引用元:『亜州経済(日本語版)』「王毅外交部長「内政干渉・一方主義に反対」・・・韓国で米糾弾 」
http://japan.ajunews.com/view/20191205110618566
強調文字は筆者による。

アメリカ合衆国を念頭に置いた言葉でしょうが、

じゃあ、あんたらが南シナ海でやってることはなんだ?

ウイグルでやってることはなんだ?

一帯一路という怪しげな投資案件で小国を借金漬けにしているのは平等なことなのか?

などと突っ込まざるを得ないような、噴飯物発言のオンパレードです。

ブーメンとは、まさにこのような発言を指すのでしょう。

この記事を制作した『亜州経済』の記者からすれば、「じゃあ中国が韓国に対してやってることはなんなんだ?」という気持ちがあったに違いありません。古代からアジアのスーパーパワーであった中国が隣にあり、ヒドイ目に遭ってきた韓国としては、韓国の記者としては、「ふざけんなよ!」という反発心を持っても当然でしょう。

しかし、韓国の大統領はその中国に進んで飲み込まれようという政策を採っています。歴史を知っているなら、なにより合衆国側の陣営として留まりたいなら、韓国のメディアは大統領の政策を批判しないといけない局面ではないでしょうか?

もちろん韓国の皆さんが決めることであって、日本人としては知ったことではないのですが。日本人は他国への内政干渉なんかいたしません。

⇒参照:『Money1』「中国の仕掛けるあこぎな債務契約 ケニアで内容が暴露される!」
https://money1.jp/archives/6219

↑中国がケニアにどんなひどい契約を結ばせたのかをご紹介した記事です。一般には中国が小国に対してどれほどあこぎな態度を取っているのか知られていません。もしご存じなければぜひお読みください。

(柏ケミカル@dcp)

今度は「ウイグル人権法」合衆国下院で可決! 中国圧迫の動き止まらず
アメリカ合衆国の超党派議員による「中国の人権弾圧」に対する抗議アクションが止まりません。 先にトランプ大統領が署名し「香港人権・民主主義法」(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)が...
「インド太平洋ファンド」とは? 中国の「一帯一路」を封じろ!
中国は自国の影響力を増し、経済圏を拡大するために「一帯一路」という構想を提唱しています。2019年03月23日には、財政難のイタリアがG7メンバーとして初めて同構想に支持を表明するという珍事(協力への覚書に署名)も起こっていますが、...
海洋国と大陸国の激突は必然 海洋国の「勝利」も必然
御大の「エアパワーとしての空母」より長いですが引用します。 <<引用ここから>> (前略) 大ざっぱにくくるならば歴史は大陸国と海洋国の闘争で造り上げられている。考えてみればこれは当然、いや、必然といってもいい。 産...
タイトルとURLをコピーしました