おススメ記事
広告

韓国大統領「5年間で160兆ウォン投入!大韓民国の大転換だ」。お金もないのに「韓国版ニューディール」

広告

2020年07月14日、韓国文在寅大統領は満を持して「韓国版ニューディール」の全貌を明らかにしました。

もともとは、韓国に新しい基幹産業をつくり、55万以上の雇用を生み出すという「5年間で100兆ウォン + α規模」の計画でした。しかし、大統領自らのお披露目によれば、100兆で済まなくなりました。

政府が投じる資金は「114兆1,000億ウォン」(約10兆1,549億円)。※1

地方自治体民間企業巻き込まれて合弁事業などを行うため、「160兆ウォン」(約14兆2,400億円)規模の壮大なプロジェクトになるとのことです。

以下は、明らかになった「韓国政府の資金がどのように投入されるか」です。

「韓国版ニューディール」政府の資金投入予定

●デジタルニューディール
⇒データ・ネットワーク・AI:31兆9,000億ウォン
⇒非対面産業の育成:2兆1,000億ウォン
⇒SOC(社会共通資本)のデジタル化:10兆ウォン
など
小計:44兆8,000億ウォン

●グリーンニューディール
⇒環境に配慮した経済のための緑のインフラ:12兆1,000億ウォン
⇒再生可能エネルギー:24兆3,000億ウォン
⇒グリーン産業育成:6兆3,000億ウォン
など
小計:42兆7,000ウォン

●社会セーフティーネットの強化
雇用保険の拡充、デジタル・グリーン人材育成などの就業教育
など
小計:26兆6,000億ウォン

2025年までの投入資金
総額:114兆1,000億ウォン

またしても「財源については知らん」的な姿勢

政府の出す「114.1兆ウォン」を、地方自治体と民間企業が「45兆9,000億ウォン」を供出して「160兆ウォン」まで膨らませる予定です。

何度だっていいますが、問題は財源です。

壮大な構想ですが、どこにそんなお金があるのか?と誰もが聞きたいはずです。

しかし、文大統領のいつもの例によって、財源については何の説明もありません。「100兆ウォン」から「114.1兆ウォン」に増えましたが、増加分は全部「政府の借金」になるでしょう。つまり、国民が税金を払って返すわけです。

「大韓民国を大転換する!」という宣言

この件を報じた韓国メディア『毎日経済』の記事に、文在寅大統領の意気込みを感じさせる言葉が掲載されているので、以下に引用します。

文大統領は

「韓国版ニューディールは、
 追撃型経済ではなく先導型経済であり、
 炭素依存経済から低炭素経済へ、
 不平等社会でから許容する社会へ、
 大韓民国を根本的に変えるという政府の意志であり、
 大韓民国大転換の宣言」

と述べた。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「韓国版ニューディール2025年までに114兆の投資…文『大韓民国を大転換させる』」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

ほとんど聞かない言葉ですが、追撃型経済というのは、恐らく韓国が大好きな「(先行者を)キャッチアップする」ことで発展する経済という意味でしょうか。

これまでのそうした「まねっこ」「キャッチアップ」ではなく、韓国が世界を先導していくような経済でありたい、という情熱の発露のようです。

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

まるで宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のようです。詩的です。

というわけで、「韓国版ニューディール」がベールを脱いだわけですが――「かぶったままの方が良かった」「脱がなくてもいいのに……」と思った人は少なくないかもしれません。

亡国への大転換」にならなければいいですね。

※1ウォン円換算には2020年07月14日の「1ウォン=0.089円」を用いました

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました