中国共産党

トピック

中国が「エンティティーリスト制」導入し制裁を課す!これは「独裁スイッチ」です

アメリカ合衆国と中国の対立が深まっており、合衆国にギュウギュウ締め付けられている中国は対抗策を打ち出すのに苦労しています。合衆国ほど有効なカードがあるわけではないからです。 中国の方針に刃向かうものは「リスト」に掲載して制裁だ! ...
トピック

中国は「食糧危機」に備えた動きを見せている。秋以降の穀物販売は国家が握る

2020年、中国はコロナ騒動、洪水、イナゴ害、台風と災害の当たり年です。 そのため農作物の収穫がいいわけがなく、実体こそ表面に現れていないものの「食糧危機」が発生するのではないか(すでに始まっているのではないか)という推測が出ています...
トピック

合衆国が台湾に売却する兵器に最大射程300km「ATACMS」は含まれるか?中国東岸を狙える

アメリカ合衆国は台湾防衛のための兵器を台湾に売却しようとしています。 70億ドル分の武器を台湾に売却する 2020年09月17日、台湾メディア『自由時報』に台湾に売却される武器の種類についての記事が出ました。幾分推測および希望の...
トピック

「習近平に言ってやった!」的なEU側。中国に「貿易と人権を要求」

日本ではあまり大きく報じられませんが、09月14日に中国共産党の習近平総書記、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、ウルズラ・ゲルトルート・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長、シャルル・ミシェル欧州理事会議長がビデオ会議を行いました。 ...
トピック

習近平総書記、ドイツとEUに「4つの維持」を要求!「敵に回らないでね」

日本ではあまり報道が目立ちませんが、2020年09月14日夕刻、中国共産党の習近平総書記が、ドイツのアンゲラ・メルケル首相とビデオ会議を行いました。 ↑『人民日報』のスクリーンキャプチャ画像 ウルズラ・ゲルトルート・フォン・...
トピック

中国の半導体産業の中核『紫光集団』の債券急落!市場は「債務危機」を懸念か

中国の「精華紫光集団」といえば、中国で半導体ビジネスを担うグループです。先にご紹介したる『YMTC』(長江存儲科技)はグループの傘下ですし、中国最大の半導体メーカー『SMIC』(Semiconductor Manufacturing Int...
トピック

【国連75周年】中国が「おまえが言うな的」公式見解を発表!「中国を拒否すべき理由」を自ら説明

中国共産党の英語版御用新聞『Global Times』に呆れるような記事が出たのでご紹介します。 国連75周年に当たって、中国外務省は「中華人民共和国の公式見解」を発行しました。これについての御用新聞による「宣伝」記事ですが、一部を引...
トピック

中国の「宇宙一の不動産屋」が全物件を「30%オフ!」と宣言! とにかく現金回収だ

中国企業『エバーグランデ』(Evergrande Group:恒大集団)は不動産開発ディベロッパーです。同社は「宇宙一の不動産会社」だそうです(笑)。創業者で会長の徐家陰会長は立志伝中の人物ですが、2020年09月06日夜、幹部との会議を急...
トピック

窮地の『サムスン電子』『SKハイニックス』合衆国に特別許可を要求! しかし無理でしょう

韓国企業『サムスン電子』『SKハイニックス』は、中国企業『ファーウェイ』(Hauwei:華為技術)に半導体を輸出し稼いできました。 しかし、アメリカ合衆国が『ファーウェイ』を制裁対象とし、09月15日から制裁措置が発動されます。 ...
トピック

タイが中国の誘いを蹴る!280億ドル「クラ運河」計画をキャンセル

タイ政府は中国と共同で行うとしていた「クラ運河の開発計画」をキャンセルしたとのこと。 ↑中東から石油を運ぶのにも距離が短縮できる (C)Google Map この計画は、マレー半島の最狭部であるクラ地峡(タイランド海とアンダ...
トピック

台湾空軍が中国の「Su-35」戦闘機を撃墜した、という話が流れる

アメリカ合衆国と中国の対立が激化しており、台湾はまさにその焦点となっています。2020年09月04日、SNS上に「台湾空軍が台湾空域に侵入した中国のSu-35戦闘機を撃墜した」という投稿が出ました。 そのため、ネット上には多くの憶測、...
トピック

中国からのものスゴい反論。「国際法を常に良心的に実施してきた」えっ?

中国の「新華社(新華通訊社)」といえば、中国の国営メディア。 2020年08月24日、同紙に「ポンペオの中国演説におけるウソと真実」という驚くほど長い記事が掲載されました。 ⇒参照・引用元:『新華通訊社』「ポンペオの中国演説にお...
トピック

楊潔篪(ようけっち)とは何者か? 中国一の合衆国通が訪韓する

中国の外交畑で重要な位置を占める「楊潔篪(ようけっち)」外交官が訪韓するとのこと。 アメリカ合衆国と中国共産党の対立が激化する中での訪韓ですので、「中国が韓国を自陣営に踏みとどまること」を確認するのではないかなどの憶測が飛んでいます。...
トピック

韓国『サムスン電子』も中国脱出を画策! 逃げ切れるだろうか(笑)

アメリカ合衆国と中国の対立が激しくなり、中国でビジネスを行うリスクが再確認されています。 日本では、政府が日本企業の中国脱出に補助金を出すことを決定しており(補正予算に総額2,435億円を盛り込んだ)、アメリカ合衆国が時間的猶予をくれ...
トピック

「合衆国が中国を倒す10の方法」を台湾教授が提言

2020年07月25日、台湾メディア『台湾英字新聞』に、「合衆国は中国を倒すために、さらに10の方法を持っている」という記事を掲載しました。 これは、アメリカ合衆国政府が「ヒューストン中国総領事館の閉鎖命令」を出したことを受け、台湾の...
タイトルとURLをコピーしました