トランプ師匠予定どおり恫喝続行 元安も進行!

アメリカ・トランプ大統領が予定どおり中国の恫喝を続行しています。中国が交渉のテーブルに着かないため、2,000億ドル相当の輸入品目にかける関税の税率を10%から25%に上げてやる!と息巻いています。恫喝によって、以下のように対ドルで元安が急激に進行しています(チャートは『SBIリクイディティ・マーケット』より引用)。

トランプ大統領は「不当な元安だ」なんて言っていますが、自分の政策が招いたドル高であることは直視しないようです。

(柏ケミカル@dcp)