おススメ記事
広告

【04/17最新版】韓国の通貨スワップ利用をFED(連邦準備制度)のデータで確認。未返済は「123億ドル」

広告

ドルが足りないため、韓国はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と「スワップライン」(ドル流動性スワップ(これを韓国では「通貨スワップ」時に「通貨スワップ協定」と呼んでいます)を結び、ドルの供給を受けることになりました。

2020年04月14日、このFEDから供給されるドルを市中銀行に流すための「第3次入札」が実施されました。要は一番高い利率を付けた銀行にドルを供給しますよ、というオークションなわけですが、韓国銀行からの上限40億ドル供給に対して、落札は、

6日満期(6日後に利子を付けて返済しなければならない):1,000万ドル
83日満期(同上で83日後に利子を付けて返済):20億1,500万ドル

という結果でした。計20億2,500万ドルが供給されたわけです。

ドル流動性スワップの利用状況はFEDが毎週公表しており、滞納したりするとすぐ分かるようになっています。

この第3次入札の結果をFED公表のデータで確認してみましょう。以下のようになります。

まず、「U.S. Dollar Liquidity Swap – Operation Results」(ドル流動性スワップ-運用結果)ですが、確かに04月17日に決済された、

6日満期:1,000万ドル 年利0.3300%
83日満期:20億1,500万ドル 年利0.3567%

がシートに計上されています。

「U.S. Dollar Liquidity Swap-Amounts Outstanding」(ドル流動性スワップ-未払い金額)の方は、04月16日までのトランザクションしか入っていませんので、17日の新規決済分、また第2次オークションの際に短期(8日満期)で落札された「2億7,500万ドル」の返済が計上されていません。

ですので、ドル流動性スワップを利用した「未返済金額」は先週と変わらず「123億3,500万ドル」のままです。

ネット上では、韓国銀行がすでにドル流動性スワップラインを「200億ドル」利用した、といった言説が見られますが、それは過大で、利用したのは04月17日時点で「151億6,000万ドル」というのが本当のところです。

韓国メディアは「通貨スワップ」あるいは「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

(柏ケミカル@dcp)

韓国銀行のドル供給また札割れ!「40億ドル」に応札は半分!
2020年04月14日、韓国銀行はFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したスワップライン※を利用して、「40億ドル」分の第3次競争入札を開催しました。 6日満期:5億ドル 83日満期:35...
韓国銀行が新たに調達した「44億1,500万ドル」をFED(連邦準備制度)データで確認
韓国銀行が「ドル流動スワップ」※を利用してFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)から44億1,500万ドルを調達し、市中銀行に供給したと韓国メディアで報道されました。 これを、FEDの「U.S. D...
韓国銀行が「通貨スワップ」で確保した「ドル」なのに、なぜ銀行は利用しない?
韓国メディアによれば、韓国銀行はアメリカ合衆国FED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結した「ドル流動性スワップ」※を利用して、「ドル」を供給する第2次オークションを実施。落札された「44億1,500万...
タイトルとURLをコピーしました