毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor
おススメ記事

【底なし沼】あの韓国企業が「1兆以上の支援くれ!」すでに「1.8兆」突っ込んでいますけども

from Sponsor

韓国の原発産業の一角を担う、あの斗山重工業』が経営難に陥っており、さらなる支援を求めているとのこと。

「あの」が付くのは、東芝から盗まれたハードディスクが同社に渡ったのではないかとされるからです。ハードディスクには原発の制御システムの設計図データも入っていたといわれています(確証は取れていません)。

『斗山重工業』は石炭火力発電原子力発電所を主力事業とする企業ですが、文在寅大統領の「脱原発政策」によって売上が激減。経営難に陥っています。

インフラに関わる企業なので飛ばすわけにもいかず、韓国政府はすでに支援として1兆8,000億ウォンを突っ込んでいます。

ところが「それでは足りない」と韓国の国策銀行である『産業銀行』と『輸出入銀行』がまた「1.2兆ウォン突っ込むことになるのでは」という観測が出ているのです。

韓国ニュース『SBS CNBC』から一部を引用します。

金融当局債権団によると、政府は明日(29日)産業競争力強化の関係長官会議を開き、『斗山重工業』経営正常化策を議論するということです。

――債権団が『斗山重工業』に1兆ウォン以上の資金を支援すると決定したと伝えられています。

今回の支援は、『斗山重工業』のデューデリジェンスを引き受けた『三逸会計法人』が、最近「『斗山重工業』には1兆ウォン以上の資金が追加で必要」とのレポートを債権団と『斗山重工業』側に提出したことによるのでしょう。

――斗山グループが今年返済する借入金は4兆2,000億ウォン規模とのことですが。

債権団は今まで『斗山重工業』に2兆4,000億ウォンを支援していますが、お尻に火が付いたような状況です。

⇒参照・引用元:『SBS CNBC』「斗山重に1兆2,000億ウォン追加サポート検討」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

デューデリジェンスというのは、簡単にいうと「投資先の価値やリスクなどを値踏み・査定する」といった意味です。

というわけで、『斗山重工業』はまさにお金を際限なく飲み込む底なし沼のようになっています。『斗山重工業』自身も資産を売却して資金を得ようとしているのですが、まだ実現には至っていません。

債権団と銀行も「どうするよ」「飛ばれると困るので仕方ないなぁ」といったところではないででしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

from Sponsor
韓国銀行が「今年はマイナス成長だ。チクショー!」「アジア通貨危機」以来22年ぶり!
2020年05月28日、韓国の中央銀行である『韓国銀行』から「2020年の経済成長の見通しは『マイナス0.2%』である」という発表がありました。 これまでは「2.1%」と強気な姿勢だったのですが、第1四半期の決算、輸出の大幅減など、ロ...
【風前のともしび】韓国『双竜自動車』ついに政府も見放したか
経営難でもはや風前の灯火(ともしび)ともいえる韓国の自動車企業『双竜自動車』ですが、ついに「基幹産業安定基金」にも見放されたか、という報道が出ました。 先からご紹介しているとおり、この「基幹産業安定基金」というのは文在寅大統領肝いりで...
【通貨防衛のドル枯渇か】中国「人民元」の切り下げ。これ以上ドルを溶かせない
2020年05月25日、中国人民銀行は人民元の対ドルレートの基準値を「1ドル=7.1209元」に設定しました。 これは2008年02月以来最も安いレートで、中国通貨当局による「元安」の容認です。なぜこんなことになったのでしょうか。 ...
【通貨スワップ】やっぱり『韓国銀行』が最もドルを借りている!
先にご紹介したとおり、FED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)は毎週金曜日、ドル流動性スワップ※1の利用状況についてデータを公表しています。 05月22日(金)の公表データは、韓国については「前週ママ...
タイトルとURLをコピーしました