フィデリティ

トピック

タックス・コンシャス」になろう!

以前、『フィデリティ退職・投資教育研究所』の野尻哲史所長から助言をいただいたことがあります。「日本人はもっとtax conscious(タックス・コンシャス)にならないといけない」というアドバイス(というか警句ですね)でした。 ...
識者インタビュー

まとまったお金ができてから投資するのは間違い!資産形成を考えるなら、少額でも投資を行え!

銀行にお金を預けていても全く増えない時代です。金利が最低水準ですからね。お金を増やそうと思ったらやはり何かに投資しないといけません。でも、投資というと、そんなお金ないよ、と思ったりしていませんか? 専門家にいわせると、その考え方を変...
基礎知識

DCの運用は成功しているのか投信会社に聞く!

あなたは「DC」(確定拠出年金)を利用していますか? 老後の資産をつくるために「DC」を利用している人はまだまだ少ないといわれています。企業に勤めている皆さんは、自分の会社に制度があれば利用していらっしゃるでしょう。今回は実際にDC...
識者インタビュー

30歳代から投資することで老後難民になるリスクを減らす!

皆さんは老後難民という言葉をご存じでしょうか。簡単にいえば、退職後年金の他に自分の資産を取り崩して生活を続けていく中で、その資産が底を尽き、生活に窮するようになる人のことです。実際、老後に生活が破綻し自殺する人も増加傾向にあります。...
トピック

関西人はFXをより好む!金融投資に地域性が見られる話

投資と一口にいっても、そこにはさまざまな金融商品があります。株式、国債、FX(外国為替証拠金取引)、また不動産、外貨預金なども投資の一種ですね。このような投資先についてこの地域の人はこのような投資が多いといった地域性が実はあるのです...
基礎知識

日本株より外国株の方が儲かる!?

銀行預金金利が低すぎて銀行にお金を預けていても増えません。お金を増やす方法を自分で考える時代です。そこで「株に投資でも……」なんて話になります。今回は、投資先としての「日本株」「外国株」についてです。 ■外国株の方がもうかる!? ...
トピック

アメリカ人の63%が経済的に全く余裕がない!

2016年10月18日、フィデリティ投信の主催する「『金融教育』で若年層と資産運用をつなぐ、米国フィデリティの取り組み」というラウンドテーブルが開催されました。アメリカでは「ミレニアル世代」(2000年以降に成人を迎える世代を指しま...
タイトルとURLをコピーしました