おススメ記事

フィリピン「中国がサンゴを乱獲している!」中国は「自国領海」と主張

広告

中国が南シナ海で泥棒を働いているという報道がフィリピン『The Manila Times(マニラ・タイムズ)』に出ました。

西フィリピン海のロズール(Iroquios)礁に近い浅瀬で豊富に育っていたサンゴが姿を消した。

フィリピン軍(AFP)西部司令部を率いるアルバート・カルロス副提督は土曜日のニュースフォーラムで、09月06日と07日にフィリピン軍の航空部隊が監視していた中国海兵隊の船が「群がっている」ロズール礁を調査したダイバーが発見したのは、このようなことだったと述べた。

ロズール礁は、フィリピンの排他的経済水域内にある。

西武司令部の責任者は、結論は出したくないが、中国船がサンゴを採取している疑いがあると述べた。

⇒参照・引用元:『The Manila Times』「WATCH: Massive coral reef harvesting found at Rozul Reef in WPS」

↑YouTube「The Manila Times」チャンネルが上げた「乱獲の後を捉えた動画」。

中国がサンゴを乱獲している」と推測しています。場所を見てみましょう。


PHOTO(C)Google Map

このニュースが出たことに対して、さっそく中国共産党の英語版御用新聞『Global Times』が「根拠なき非難だ」という記事を出しています。

厚顔無恥なことに、この記事の冒頭は以下のような文章です。

フィリピン国軍(AFP)が土曜日、中国船が南シナ海のHouteng Jiao(通称Houteng礁)からサンゴを採取している疑いがあると表明した後、中国の専門家は、中国が紛れもない主権を持つサンゴ礁からの「大規模なサンゴの採取」をめぐるフィリピンの中国に対する中傷は根拠がないと述べた。
(後略)
⇒参照・引用元:『Global Times』「Philippines’ accusations over massive coral harvesting in reef in S.China Sea by Chinese vessels are baseless: experts」

「中国が紛れもない主権を持つサンゴ礁」などと書いています。


↑「2023年版標準地図」では南シナ海のほとんどが中国領海と主張しているのです

中国共産党が先日公開した「2023年版標準地図」によった主張ですが、国際法に適ったものではありません。

【必見】中国のド厚かましい「2023年版標準地図」無法者の本領発揮
2023年08月28日、中国の天然資源省が浙江省徳清市で2023年測量地図法宣伝日および全国地図啓発宣伝週間のメインイベントで「2023年版の標準地図」なるものを公開しました(以下は同省のプレスリリース)。↑Googleの自動翻訳なので日本...

日本は他人事ではありません。沖縄近海で中国が何をしているのかを注視し、相応の措置を取るべきです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました