おススメ記事
広告

「中国のスタバ」の「ナスダック上場廃止」確定。06月29日(月)で「おしまい」

広告

中国のスターバックス」といわれ、アメリカ合衆国のNASDAQ(ナスダック)市場に上場を果たした『Luckin Coffee(ラッキンコーヒー:瑞幸珈琲)』。


↑『Luckin Coffee』の株価チャート(チャートは『TradingView』より引用/日足)。2020年06月26日(金)の終値は「1.38ドル」。

先にご紹介したとおり、粉飾決算で売上をかさ上げしていたことがバレて、ナスダックから「上場廃止」を通達されていました。

【中国企業】ウソがばれて株価「92%」大暴落!04月01日の株価はウソでした(笑)
中国の『スターバックス』といわれ、2019年05月17日にアメリカ合衆国のNASDAQ市場に上場した中国企業『Luckin Coffee(ラッキンコーヒー:瑞幸珈琲)』。 『ラッキンコーヒー』は2017年の創業からわずか1年半で上場を...

これに対して『ラッキンコーヒー』は事情を説明するための聴聞会を開催するよう要請していたのですが、2020年06月26日、自ら要請を取り下げました。

同社の公式サイトで同日公表した文書内で以下のように述べています。

On June 24, 2020, the Company notified the Listing Qualifications Staff of the Company’s decision to withdraw its request for the aforementioned hearing and not to seek to reverse or stay the Listing Qualification Staff’s determination of delisting the Company from the Nasdaq Global Select Market.

当社は、2020年6月24日、当社が上記ヒアリングの要請を取り下げ、Nasdaq Global Select Marketからの上場廃止の決定を覆したり、停止したりすることを求めない旨を、上場資格スタッフに通知しました。

As a result, the Office of General Counsel of Nasdaq has notified the Company that the Company’s shares will be suspended at the open of business on June 29, 2020, and Nasdaq will file a Form 25 Notification of Delisting when all appeal periods have expired.

その結果、ナスダックのOffice of General Counselは、当社に対し、2020年06月29日の営業開始時に当社株式の上場を停止し、すべての不服申し立て期間が終了した時点で、ナスダックは上場廃止通知書(Form 25)を提出する旨を通知しています。

⇒参照・引用元:『Luckin Coffee』公式サイト「Luckin Coffee Announces Withdrawal of its Request for Nasdaq Hearing」(ラッキンコーヒー、ナスダック聴聞会要請の撤回を発表)

というわけで、ウソの決算で投資家をだましていた中国企業の一つがアメリカ合衆国市場から退場を余儀なくされました。同社を信じて株式に投資した人は大損害を被ったでしょう。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました