おススメ記事
広告

韓国『輸出入銀行』がKニューディールに30兆!「輸出オールイン」だそうです

広告

韓国国策銀行輸出入銀行』が大変に勇ましい発言をした、と韓国メディアが報じました。

『輸出入銀行』は、ドルがないので、外貨建て私募債を発行し『サムスン電子』に買ってもらったあの銀行です。「輸出入」と看板に書いてあるのにドルがなかった国策銀行です。

『毎日経済』の2020年11月22日の記事から一部を以下に引用します。

『輸出入銀行』は、来年の輸出6,000億ドル(約670兆ウォン)奪還のために全方位的な支援に注力すると22日明らかにした。

(中略)

会議では、2018年の6,049億ドルをピークに減少傾向にある輸出を増やすための『輸出入銀行』の役割強化策が重点的に議論された。

『輸出入銀行』は「Kニューディール」のグローバル化を導くために、来年5兆ウォンを含めて、今後5年間で30兆ウォンの資金を供給する計画だ。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「수은 “내년 수출 6천억달러 탈환 선봉장…K뉴딜에 5조 지원”」

とのこと。『韓国銀行』の公表している「国際収支統計」から輸出金額を足して年次でまとめると以下のようになります。

記事内の「2018年:6,049億ドル」とはなぜか合いませんけれども、2018年がピークで輸出金額が下降しているのは確かです。

で、文在寅大統領がぶち上げた「韓国版ニューディール」に

2021~2025年で30兆ウォン突っ込む

ことで、輸出金額を再び「6,000億ドル台」に乗せようというのです。

同記事によれば、

(前略)
頭取は会議で「2021年の『輸出入銀行』が進む方向は、輸出『オールイン』」と「輸出6,000億ドル奪還のための先鋒になる」と強調した
(後略)

オールイン」という辺りに危険な香りがしないでしょうか。決めたのなら仕方ありませんが、「分散投資」はリスクを避けるための基本的な姿勢といわれます。「オールイン」して果たして大丈夫でしょうか。

五体投地(ごたいとうち)した背中を隕石が直撃! みたいなことにならないといいですが。

韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態。そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ
2020年03月19日に『韓国銀行』はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)とスワップライン※1(韓国の言い方では「通貨スワップ」)を締結。すぐさまドルの調達に入りました。 この時期...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました