台湾

トピック

中国「韓国の新外相」を台湾対岸に呼び出して会談

小ネタですが見逃せないのでご紹介します。誠に申し訳ありません。 アメリカ合衆国、EUなど自由主義陣営との当たりが厳しくなってきた中国ですが、味方に引き入れるためか、「最も弱い輪」と目されている韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)新外相を呼...
トピック

中国の台湾侵攻では「米軍は抑え込まれる」とシミュレーション

自由主義陣営側の日本にとってはあまりうれしくないニュースが出ました。アメリカ合衆国の有名シンクタンク『ランド研究所』のシミュレーション結果が報道されました。 合衆国と中国の新冷戦は台湾が焦点になっており、中国共産党軍による武力...
トピック

台湾を売ろうとしたヒラリーが「台湾防衛」を主張!

どの面下げて……という話です。台湾メディア『Taiwan News』に元国務長官のヒラリー・クリントンさんが「アメリカ合衆国は台湾防衛のためにより多くの資源を投入すべき」と述べたことを報じています。 記事の一部を以下に引用します。 ...
トピック

【半導体戦争】台湾「中国企業に人材提供」を徹底調査!

台湾メディア『Taiwan News』に興味深い記事が出ました。台湾企業『WiseCore Technology』と『IC Link』の2社が、中国のチップ設計会社に不法に協力して台湾の人材を中国に採用させていた、として当局の調査を受けまし...
トピック

中国の「パイナップル輸入禁止」を台湾が96時間で跳ね返す!

中国の姑息なやり口を台湾が跳ね返すという痛快な出来事が起こりました。 中国共産党は、輸入品目に制限をかけるという姑息なやり口でオーストラリアを揺さぶっていますが、その矛先を台湾にも向けました。 中国は台湾産のパイナップル...
トピック

台湾人の1.3%しか中国製ワクチンを認めない!

台湾メディア『Taiwan News』に興味深い記事が出ました。台湾人は中国製のワクチンを接種したいと思っていない――という話です。 『Global Views』が行ったアンケート調査を基にしたもので(18歳以上の台湾人が対象/1,1...
トピック

台湾『TSMC』干ばつで半導体製造に給水車投入!

台湾で意外なことが起こっています。台湾は2020年台風が一つも上陸しないという異常事態でした。また雨も少なく、冬の干ばつに見舞われているのです。ダムの貯水量は軒並み20%を切りました。 困ったのは水を大量に消費する半導体産業です。 ...
トピック

【台湾】米国・中国の電子戦機が平行して飛ぶ異常事態!

小ネタですが大事につながる可能性がある話ですのでご紹介します。2021年01月26日、アメリカ合衆国海軍と中国人民解放軍の「電子戦機」が台湾の防空識別圏を逆方向に平行する航路で飛行しました。 上掲はこの件を報じた台湾メディア『...
トピック

中国の「国産原子炉」事故で自動停止。放射能漏れは否定「レベル0の事故」と強弁

台湾メディア『Taiwan News』に「中国は台湾の対岸にある原発での放射能漏れを否定」という記事が出ました。この原子力発電所は「福清原子力発電所」で、中国福建省福清市にあります。以下の地図をご覧ください。 台湾海峡...
トピック

【120億ドル】台湾『TSMC』合衆国の新工場が進行中

韓国がそねむ中、台湾『TSMC』(Taiwan Semiconductor Manufacturing Companyの略:台湾積体電路製造)は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス市に建設する新工場について着々と進めています。 ...
トピック

中国「台湾分離主義者」をブラックリスト化!ポンペオ長官のせいだそうです

アメリカ合衆国では大統領選挙のドタバタで中国の動きにいちいち反応できていませんが、中国側では順調にリアクションを取っています。 2020年11月12日、合衆国国務省ポンペオ長官は「台湾は中国の一部ではない」と明言しました。 この...
トピック

台湾昏睡状態の青年が「○○○」と言われて意識を回復!奇跡のような「なんだそりゃ」な話

台湾の珍ニュースみたいな話で申し訳ありせん。面白かったのでご紹介します。台湾で交通事故に遭って重症を負った18歳の青年が昏睡状態に陥ったのですが、ある言葉で意識を取り戻した、というのです。 本件を報じた (前略) 今年7月...
トピック

台湾が「11万7千カ所」の防空壕を掲載するサイトを準備!

アメリカ合衆国と中国の対立が深まり、中国人民解放軍(略称「PLA」)が台湾に侵攻する、あるいは軍事衝突が発生する可能性が高まっています。 台湾では、中国の爆撃を警戒し、全国約11万7,000カ所に及ぶ防空壕の案内ページを作成することに...
トピック

台湾国防省「2025年までに敵艦の半分を沈める能力」を獲得する

台湾を巡るアメリカ合衆国と中国のつばぜり合いも激しさを増しています。 合衆国は台湾に400発もの対艦ミサイル(ハープ-ン)とその運用に必要な機材の売却を決めましたが、台湾の張哲平(チャン・チェピン)副国防省は、この合衆国の支援を受けて...
トピック

中国共産党の台湾侵攻は1950年に実行されるはずだった!

アメリカ合衆国と中国の新冷戦の焦点が「台湾」となり、もはや戦争一歩手前といってもいい状況です。台湾統一は、中国共産党の悲願であり、実は中国人民解放軍(略称「PLA」)は1950年に台湾侵攻作戦を行う予定でした。 『毛沢東の朝鮮戦争-中...
タイトルとURLをコピーしました