おススメ記事
広告

米FRBが韓国「通貨スワップ」を6カ月再延長!「日韓は延長できず」と恨み節

広告


↑スワップラインと「FIMA」の延長を公表した『FRB』のプレスリリース。

アメリカ合衆国FRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)が韓国はじめ9カ国との「スワップライン」の延長を発表しました。

これは2020年03月19日に締結された「ドル流動性スワップ」の再延長です。もともとは6カ月契約だったものが2021年03月までに延長され、今回の発表でさらに2021年09月30日までに契約期間が伸びました。

このドル流動性スワップを利用できるのは以下の9カ国の中央銀行です。

・オーストラリア準備銀行:600億ドル
・ブラジル中央銀行:600億ドル
・韓国銀行:600億ドル
・メキシコ銀行:600億ドル
・シンガポール金融管理局:600億ドル
・スウェーデン国立銀行:600億ドル
・デンマーク国立銀行:300億ドル
・ノルウェー銀行:300億ドル
・ニュージーランド準備銀行:300億ドル
※金額は利用限度額

同時に「あなたの持っている米国債でドルを貸しましょう」という「FIMA Repo Facility 」も延長されました。

何度もご紹介していますが、韓国は2020年03月にドルの流動性が枯渇したため、限度額600億ドルに対して約200億ドルを04、05月にかけて利用しました。仮にまたドルがなくなりそうという状況になったら、韓国は一も二もなくこれを利用するでしょう。

『中央日報』は例によって日韓通貨スワップにご執心

さっそく韓国メディアでは「通貨スワップ」(一応韓国の表記に合わせ「 」でくくります)の延長ということで記事になっています。

中でも『中央日報(日本語版)』は(例によって)「日韓通貨スワップ」に言及する記事を出しています。記事のタイトルからして「韓米通貨スワップ6カ月延長したが…韓日通貨スワップは再開もできず」です。

結びの段落で(よせばいいのに)日韓通貨スワップに以下のように言及しています。

一方、韓国と日本は2001年に初めて通貨スワップ契約を締結し、2011年には700億ドルまで規模を拡大したが、2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問したことで韓日関係が悪化し、2015年2月に完全に終了した

2016年末に韓日間で関連の協議があったが、2017年1月に釜山(プサン)日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受け、日本側が一方的に交渉を中断した

⇒参照・引用元:『中央日報(日本語版)』「韓米通貨スワップ6カ月延長したが…韓日通貨スワップは再開もできず」

赤アンダーライン、強調文字は筆者による

日本になんの益もない契約など破棄して当然ですが、韓国は「日本側が一方的に交渉を中断した」と被害者意識を持っているのです。

⇒参照・引用元:『FRB』公式サイト「Federal Reserve announces the extension of its temporary U.S. dollar liquidity swap lines and the temporary repurchase agreement facility for foreign and international monetary authorities (FIMA repo facility) through September 30, 2021」

韓国メディアは「通貨スワップ」、時に「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました