おススメ記事
広告

【42万台】韓国『現代自動車』今度は中国!火事の恐れでリコール!

広告

火事の話ばかりで申し訳ないのですが、次々と案件が出るのでご紹介せざるを得ません。

北京現代』は、中国『北京汽車工業控股』と韓国『現代自動車』の合弁会社ですが、『北京現代』の「ツーソン」という車種がリコールになりました。


↑「途胜(ツーソン)」PHOTO(C)『北京現代』

リコール対象は、驚くなかれ「42万5,201台」です。

中国国家市場監督管理総局」は2021年02月09日に以下の文書を出しています。

上掲文書の一部を以下に引用します。

『北京現代自動車株式会社』は、欠陥自動車製品リコール管理条例および欠陥自動車製品リコール管理条例の規定に基づき『国家市場監督管理総局』にリコール計画を提出した。

2015年05月12日から2018年12月14日までに生産された新型「ツーソン」と、2018年08月27日から2019年03月23日までに生産された「4代目ツーソン」の合計42万5,201台を、2021年03月16日からリコールすることを決定した。
(後略)

リコール原因を述べた以下の部分にご注目ください。

本次召回范围内的车辆由于HECU(Hydraulic Electronic Control Unit,液压电子控制单元)内部可能发生短路,极端情况下会导致发动机舱起火,存在安全隐患。

このリコールの対象となっている車両は、HECU(Hydraulic Electronic Control Unit)内部でショート(短絡)を起こす可能性があり、極端な場合にはエンジンルームの火災につながる可能性があるため、安全上の危険性がある。
(後略)

というわけで、また火事の恐れでリコールなのです。

韓国『現代自動車』は「品質コスト引当金」を積んでいますが、このようにリコールが連続するととても足りそうにありません。

韓国メディアは「自動車の輸出が回復した」なんて喜んでいますが、リコール多発によって『現代自動車』の業績が赤字になることも考えられるのです(実際2020年第3四半期は「品質コスト引当金」のおかげで大赤字になりました)。

『現代自動車』は燃えない自動車を作らないといけません。

⇒参照・引用元:『中国国家市場監督管理総局』公式サイト「北京现代汽车有限公司召回部分全新途胜及部分第四代途胜汽车」(原文・中国語/筆者(バカ)意訳)

韓国『現代自動車』赤字「-3,138億」。例の「引当金」のせいです
先に韓国『現代自動車』が「欠陥エンジン」などのための「品質コスト引当金」を積んでおくことについてご紹介しましたが、その結果やはり2020年第3四半期の営業利益が赤字に転落することが明らかになりました。 韓国メディア『毎日経済』に速報が...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました