おススメ記事
広告

韓国『サムスン電子』米工場は大丈夫か?蘭工場は1億ドルの被害

広告

先にアメリカ合衆国テキサス州が寒波に見舞われ、韓国『サムスン電子』の半導体工場が停止した件をご紹介しましたが、以降はとんと報道が出てきません。

実は、同じテキサスオースティンに工場を持つオランダの半導体大手『NXPセミコンダクターズ』が、非常に興味深いリリースを出しています。

以下にリリースから一部を引用します。

(前略)
テキサス州全域で発生した厳しい冬の嵐とそれに伴うガス、電気、水道の広範囲にわたる混乱がありましたが、2021年3月11日、テキサス州オースティンの半導体製造施設において、初期段階の操業を再開したことを発表しました。

暴風雨とそれに伴うユーティリティーの喪失により、オースティンにあるNXPの2つのウエハー製造施設がダメージを受け、2月15日から全面的に閉鎖されました。

2月27日、施設のユーティリティーが復旧し、クリーンルームの安全性が確認されたため、従業員は施設に戻ることができました。

(中略)

第2四半期の財務ガイダンスは発表していませんが、現在の予想では第2四半期に約1億ドル(約110億円)の収益の影響があると考えています。
(後略)

⇒参照・引用元:『NXPセミコンダクターズ』公式サイト「NXP Resumes Operations at Austin, Texas Facilities Following Weather-Related Shutdown and Provides Revenue Update」

というわけで、『NPXセミコンダクター』の業績に与える影響は大きなものがありますが、同じオースティンで同様の災難に遭った『サムスン電子』の工場の被害はどの程度のものなのでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました