おススメ記事
広告

「日本がロールオーバー、新規融資を拒否したら韓国は終わる」という指摘

広告

韓国メディアから韓国の急所を突いたご意見が出ています。

『週刊朝鮮』の「日韓のデカップリングを避けるべき3つの理由」というタイトルの記事です。

NYで韓国・尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領と日本・岸田文雄首相がたとえ30分間でも会ったのは、日韓の決定的な断絶を避けられて良かった――という内容です。

記事の中から一部を以下に引用します。

(前略)
09月以降、韓国の外国為替市場が不安だ。

米国の基準金利引き上げとドルの流動性が大幅に縮小し、為替危機の可能性が言及されている。日本はもちろん米国との通貨スワップが必要だという主張が韓国新聞社説に登場する版だ。

政府は外国為替保有額(外貨準備高のこと:引用者注)が「なんと」4,364億ドル(09月05日基準)に達するので、「無駄な」懸念というように無視している。

しかし、韓国が持っている対外債務を考慮すれば、「無駄ではない」懸念に変わる。

今年06月末基準で、なんと6,620億ドルの対外負債があるためだ。今年3月の6,540億ドルより増えており、09月末にはさらに増加すると推定される。

(中略)

外国為替市場の動揺と尹大統領の日韓外交に何の関係があるのかと疑問に思うかもしれないが、非常に「直接的」につながっている。

韓国の対外債務の相当額が日本発だからだ。

特に短期債務の場合、日本資本が圧倒的だ。

今年06月基準で韓国の1年内に償還する短期対外債務の規模は1,838億ドルに達する。

全対外債務6,620億ドル30%、外国為替保有額(外貨準備高)4,364億ドルの41.9%に達する膨大な規模だ。

もし」だが、日本が短期対外債務の延長を拒否し、新規の融資の供給を中断した場合、1997年韓国の為替危機が再現される見通しだ。

日本は政経分離に慣れた国だ。日韓関係が葛藤で進むとしても「お金の領域」まで触れない。

しかし、2022年は違う。

(中略)

政経分離に慣れた日本だが、米中のデカップリング深化とともに日本の姿勢は急変している。

合衆国の対中制裁に合わせて、日本の対中輸出禁止品目はほぼ毎日追加されている。

尹大統領が直接出る理由でもあるが、日韓の対立解決は慰安婦・徴用問題を越えて第2次為替危機の防止という点で「非常に」重要だ。
(後略)

⇒参照・引用元:『週刊朝鮮』「日韓のデカップリングを避けるべき3つの理由」

長々と引用してしまいましたが、要は、

韓国の対外債務、特に短期物は日本によるところが大きい。

そのため、もし日本がロールオーバーを拒否し、新規の融資も拒否した場合、1997年のアジア通貨危機のときのようにドボン騒動を起こすぞ。

だから、日本と深刻なデカップリングを起こすのはマズイのだ。

という主旨です。ずいぶん前にMoney1でも同じ話をご紹介したことがありますが、『週刊朝鮮』の主張は正鵠を射ています。

韓国がドボン騒動を起こすのは、韓国内の外貨需要を満たすことができず、対外債務に頼って経済を回していたところに「返済しろー!」の波が来て――これを償還できなくなって白旗。

このパターンです。

筆者などが秘かに心配しているのは「金利の安い日本で資金をじゃぶじゃぶ調達してるんじゃないだろうな」です。円キャリートレードの復活です。2008~2009年の韓国通貨危機の背景には、円キャリートレードの巻き戻しがありました。またやってるとしたら大問題です。

同じ危機を引き起こすかもしれないからです。

上掲記事では、日本は「政治と経済を混同するような国ではない」と、日本のことを「信用」してくださっているようですが、果たしてその姿勢がいつまも守られるかどうかは分かりません。

韓国があまりにも日本に無礼な態度を取るのであれば、日本人もついに怒り心頭となり「韓国の資金を締め上げてやれ」となっても不思議ではありません。

また、日本の金融機関も「もうかるんなら、まあ貸してやるよ」ですが、韓国経済が傾いて、「こりゃ金は帰ってこないぞ」となれば、ロールオーバーも新規融資もやめるでしょう。

1997年のアジア通貨危機時、『日本銀行』から当時のアラン・グリーンスパン『FRB』議長にどんな連絡が入ったのか思い出してください。

(前略)
「ダムが決壊しかかっている」と日銀幹部は語り、日本の銀行が韓国への信認を失って、数百億ドルの融資の更新を拒否しようとしていると説明した。
(後略)

⇒引用元:アラン・グリーンスパン『波乱の時代 -わが半生とFRB- 上』,日本経済出版社,p.274

このとき日本は韓国を助けようとしたのですが、合衆国から「相対あいたいで支援するな」と釘を刺されたという話があります(Money1では以下の先記事でご紹介しました)。

「1997年の通貨危機時」合衆国は日本に「韓国を助けるな」と言った
1997年の「アジア通貨危機」時に韓国はドボンになり、『IMF』(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)の管理下に置かれました。 韓国では、このときの経験を日本による併合に続く「国恥」とし、時に『I...

そのため、『IMF』(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)が進駐軍として乗り込んだのだ、と。

いずれにせよ、韓国の金融はそんなに安定したものではありません。現在のような状況ならなおさらです。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました