トランプ師匠さらに攻勢! 中国はなぜ反撃できないか?

中国からの輸入品目全てに関税を賦課する!

アメリカ合衆国のトランプ大統領は、05月10日(金)に「まだ追加関税が賦課されていない中国からの輸入品目全て」について、関税を賦課するように指示したとのこと(記事末のURL:ロイターの報道)。

中国からの輸入品目で関税が賦課されていない残りは、総額約3,000億ドルと見込まれています。この関税賦課が発動すると、合衆国は計約5,000億ドル分の中国からの輸入品目について関税を賦課することになります。

ちなみに、

2018年実績 合衆国の中国からの輸入品目総額:約5,360億ドル

となっています。関税率についてはまだ詳細な声明はまだありませんが、仮に第4弾までと同じく「25%」とすると、約5,000億ドル×25%で「1,250億ドル」(1ドル=109.95円で約13兆7,437億5,000万円)を合衆国政府は関税収入として得ることになります。

中国には関税を掛けるものがない!

中国が05月10日の「関税25%上昇」についても、いまだ対抗策を打ち出していません。また、残りの約3,000億ドルについても関税を賦課するというトランプ大統領の意向にも対抗策を打ち出すことはできないでしょう。

なぜなら中国は合衆国からそんな巨額の輸入を行っていないからです。ちなみに、

2018年実績 中国の合衆国からの輸入品目総額:約1,200億ドル

ですので、2019年が同程度としても約3,800億ドル分も足りません。また、2018年中に中国は対抗策として「約1,100億ドル分の輸入品目について報復関税を発動済」なのです。関税収入を上記の合衆国と同じ「1,250億ドル」規模にしたければ、合衆国からの輸入品目全てについて関税率を「100%超」にするしかありません。

というわけで、関税賦課合戦では中国には勝ち目はないのです。

⇒『reuter』「Trump ratchets up tariff threat after talks show no progress」
https://www.reuters.com/article/us-usa-trade-china-tariffs/trump-ratchets-up-tariff-threat-after-talks-show-no-progress-idUSKCN1SG08X

(柏ケミカル@dcp)