毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「韓国の通貨スワップ協定」報道は469億ドル過大? それでは恐らく足りない

from Sponsor

2020年02月03日、韓国メディア『聯合ニュース』から、「マレーシアが韓国との通貨スワップ協定の延長に合意した」という報道がありました。

⇒参照・引用元:『聯合ニュース(日本語版)』「韓国とマレーシア 通貨スワップを3年延長へ」
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200203004100882?section=economy/index

通貨スワップ協定は、韓国にとっては流動性を確保するための大事なものですが、記事内にある「融通枠が定められていないカナダを除いた6カ国と結んだ協定の融通枠の合計は約1328億ドル(約14兆円)」という表現は明らかに過大です。

筆者(バカ)の計算が正しければ、2020年02月03日現在、韓国が経済危機に備えるための通貨スワップ協定の融通枠は(国とCMIを入れて)以下のようになります。

対スイス:100億スイスフラン(約103.75億ドル
対マレーシア:150億マレーシアリンギット(約36.46億ドル
対オーストラリア:100億オーストラリアドル(約67.04億ドル
対インドネシア:115兆ルピア(約83.73億ドル
対中国:3,600億元(約512.79億ドル
対UAE:200億AED(約54.45億ドル※1
対カナダ(危機時に流動性を確保する協定):金額設定なし ※2
CMI(チェンマイ・イニシアティブ):約384億ドル
計:約1,242.22億ドル ※3

となりますが、CMIの約384億ドルの「30%」に当たる「約115.2億ドル」だけはIMFに関与されることなく引き出せます。ですから、2020年02月03日の時点で韓国政府が通貨スワップ協定によって緊急時スグになんとかできそうな金額は「約973.42億ドル」です。

上掲の『聯合ニュース』の記事では、CMIとカナダを除き「6カ国と結んだ協定の融通枠の合計」を「1,328億ドル」としていますが、6カ国のみだけにすると約973.42億ドルからCMIの約115.2億ドルを引いて、計「約858.22億ドル」が本当のところではないでしょうか。

つまり、報道では469.78億ドルも盛っていると考えられます。さらに、もし韓国にまた通貨危機(ないし経済危機)が訪れたとしたら「858.22億ドル」ではとても足りないでしょう。もちろん外貨準備高が韓国銀行の公表している金額ぶん本当にあれば、なんとかなるかもしれませんが。

追記その02
なぜ現在の通貨スワップ協定の(最大上限)融通金額では足りないと考えられるのかについて、以下の記事をまとめました。実は2017年に韓国の識者が自分たちで「足りない」と告白してもいるのですが。

併せてお読みいただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

南朝鮮「通貨スワップ協定」金額が全然足りない理由 約1,600億ドル要るんですよ
先の記事で、韓国が現在締結している(としている)通貨スワップ協定が危機時には恐らく足りないと記述しましたが、そう推測できる理由です。 アラン・グリーンスパン元FRB議長が述懐したように、1997年のアジア通貨危機時に韓国はIM...

<<重要な追記>>
韓国と韓国メディアは通貨スワップ協定については「自分のいいように言う」癖があります。上記のUAEとの協定も「ない」のに「あるふり」をしていたのです。このウソについて以下の記事にまとめました。もしよろしければ併せてお読みくださいませ。何卒よろしくお願いいたします。

南朝鮮「通貨スワップ協定」対UAEウソでした 「あるふり」でした
先に韓国が各国と締結している通貨スワップ協定の融通金額がおかしい(報道されている金額がおかしい)という記事を上げました。この機会に、ずっと「ヘンだなぁ」と疑問だった件を取り上げておきます。 他でもないUAE(アラブ首長国連邦)と韓国と...

以下は※

※1対UAEの通貨スワップ協定が本当に更新されたのか、Money1では疑念を呈してきましたが、やっと2019年04月13日になってUAEの中央銀行から以下のリリースが出ました。つまり、やっぱりそれまでは契約できてなかったのです!

⇒参照:『UAE CENTARL BANK(UAE中央銀行)』「Central Bank of the UAE and Bank of Korea Renew AED 20 Billion Bilateral Currency Swap Agreement」
https://www.centralbank.ae/sites/default/files/2019-04/PRESS-RELEASE%20%28UAE-KOR%29%20-%20FINAL%20-KOREA%20-English.pdf

※2
カナダとの協定は以下になります。タイトルは「currency swap agreement」。本文中は「bilateral liquidity swap arrangement」。
これは通常の通貨スワップ協定ではない、という指摘があります。

⇒参照:『BANK OF CANADA(カナダ中央銀行)』「Bank of Canada and Bank of Korea sign currency swap agreement」
https://www.bankofcanada.ca/2017/11/bank-canada-bank-korea-sign-currency-swap-agreement/

※3「2020年02月03日 12:21UTC」の各通貨対ドルレートで計算。人民元はオンショア
また、もし筆者(バカ)の計算違いなどありましたらぜひご指摘の段、お願い申し上げます。修正いたします。


(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「通貨スワップ協定」延長を模索 すでに74.5億ドル目減り
日韓の間でたびたび話題になる「通貨スワップ協定」ですが、2020年01月21日『中央日報(日本語版)』に、「韓国政府が外貨流動性確保のために終了が近づいた通貨スワップの延長を推進する」という記事が出ました。 ⇒参照・引用元:『中央日報...
南朝鮮「外貨準備」現金が減少! 過去最高とか言ってる場合なのか
2019年12月04日、韓国銀行が11月末段階での外貨準備高について公表しました。それによれば以下のようになります。 外貨準備高:4,075億ドル(前月末比:約11億ドル増加) <<内訳>> ⇒Securiti...
海洋国と大陸国の激突は必然 海洋国の「勝利」も必然
御大の「エアパワーとしての空母」より長いですが引用します。 <<引用ここから>> (前略) 大ざっぱにくくるならば歴史は大陸国と海洋国の闘争で造り上げられている。考えてみればこれは当然、いや、必然といってもいい。 産...
タイトルとURLをコピーしました