おススメ記事
広告

「韓国製造業の未来は暗い!」と自虐的。「苦痛指数」が最高で「持続可能性」は最低――どうも暗い(笑)

広告

2020年06月16日、韓国メディア『毎日経済』に自身を卑下したどうにも暗い記事が出ました。

韓国メディアは「なんとか大国」という表現がお好きなようで、報道にはよく登場しますが、製造業大国というのがあって、そのTop5は「アメリカ合衆国」「ドイツ」「日本」「中国」「韓国」なのだそうです。

で、そのTop5の中で韓国は「苦痛指数が最高」で「持続可能性が最低」と分析されたというのです(記事は本稿末のURLを参照)。どうも暗いですな。

「苦痛指数」ってナニ? 文在寅政権だから仕方ない

「苦痛指数」というには、同紙と「韓国経済研究院」が算出したもので、要は「企業がどのくらい政治から圧迫を受けているか」を表すとのこと。

例えば、税制であるとか、労働条件の規制などが企業にとって緩やかであるかを判定するものだそうです。「ドイツは法人税を下げ、労働市場の流動性を高めようという法律を作っている」のに、韓国では「法人税を上げ、最低賃金を無理に引き上げる始末」だそうです。

しかし、これは韓国の人が文在寅さんを大統領に選んだことから起こった必然の結果です。

先にご紹介したことがありますが、現文在寅政権は企業を規制する方向に、規制する方向にと舵を切っています。

韓国で企業を規制する法案が1,300以上も準備中!文在寅政権が企業に致命傷を負わせる!
2020年04月15日に実施された国会議員選挙で与党が圧勝し、圧倒的過半数を占めるようになりました(300議席のうち、与党『共に民主党』と、比例政党である『共に市民党』が合わせて180議席)。 もともと文在寅という人はバリバリの左派で...

なにせ上掲記事を制作した段階で、企業を規制する法案が「1,300本もスタンバイ!」だったのです。この先もこれまでと同じ方向性でいくに決まっています。どしどし財閥グループを締め付ける法律を成立させるでしょう。

韓国企業が海外に進出するばかりで戻ってこないのも無理はありません。こういうのも資金流出になります。韓国政府は自身の政策で資金流出を促進しているのです。

「持続可能性」も韓国が最低だ!

さらに、製造業の持続可能性について、

製造業の営業利益率
設備投資の増減率
1人当たりの付加価値創出額の増加率
研究開発(R&D)の競争力
世界1位の品目の割合

の5軸で見たところ韓国が最低だった、と。レーダーチャートにすると以下のようになります。どうも暗いですな。

ちなみに記事内のグラフにはなぜか日本は登場しません。

どうにも暗い記事です。もっとも5大製造業大国なんて自分で名乗っているので、暗い論調の記事も自信の裏返しかもしれませんが。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「製造業大国トップ5のうち…韓国だけ逆行している」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

(吉田ハンチング@dcp)

広告
韓国「半導体がずっこけるとおしまい感」が出てきた。輸出の30%が「半導体」という危うさ
韓国は輸出産業に依存した国で、輸出が傾くと国が傾きます。 韓国の経団連ともいうべき『全国経済人連合会』によれば、「15大主力品目」があって、「半導体」「一般機械」「石油化学」「自動車」「鉄鋼」「船舶」「コンピューター」「バイオ・ヘルス...
【韓国の外貨準備】「ドルがない」のになぜ合衆国公債を92億ドルも買う?
アメリカ合衆国の財務省から、合衆国公債を誰がどのくらい保有しているかのデータが公開されました。04月末までの分です。 以下になります。 これによれば、韓国は2020年04月末時点で合衆国公債を「1,200億ドル」保有して...
【05月も駄目】韓国輸出の主力製品が25%減! 2カ月連続の「20%台減少」を記録
韓国は輸出1本で食べている国ですので、輸出が傾くと国が傾きます。韓国の産業通商資源部の資料(暫定値)によれば、2020年に入ってからの「輸出」「輸入」「貿易収支」は以下のようになっています(表組は横にスクロールできます)。 ...
韓国の「水素シティー」は「日本の技術」頼み。200億突っ込んだ韓国「国産技術」はムダになった
韓国の現文在寅政権は「脱原発」を掲げるなどクリーンエネルギー政策を推進しています。 おかげで原発産業の一角を担うあの『斗山重工業』の経営が傾き、主力事業が原子力発電所と石炭火力発電所だというのに、LNG火力発電所への転換を政府から強要...
タイトルとURLをコピーしました