おススメ記事
広告

本日、中国・王毅外相が韓国に乗り込む!説教と釘を刺すため

広告

本日、2021年09月14日中国王毅外務相が韓国を訪問します。

ところが、東京では日米韓の高官会議が開催されているのです。09月13~15日の日程でアメリカ合衆国国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表が訪日しています。

北朝鮮の核問題を話し合うためです。

読者の皆さんもご存じのとおり、2021年09月13日には北朝鮮が巡航ミサイル(「北朝鮮版トマホーク」の呼称が出ています)を発射。

日本海を挟んで朝鮮半島と自由主義陣営の日米がにらみ合う構図の中、王毅さんが訪韓するのです。

中国は明らかに日米韓の会議中を狙って行動しており、要は韓国に釘を刺しに来ると考えられます。

というのは先(せん)にも同じような行動を取っているからです。

日米韓の会議が行われると必ず王毅外相が韓国に釘を刺す

2021年04月、日米韓の安保室長会議が開催された際には、王毅外相は韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相を台湾の対岸の厦門(アモイ)に呼び出し会談を行いました。

また、2021年06月のG7が開催される前には、王毅外相は韓国の鄭義溶外相に電話をして「中国と韓国は、友好的な隣国、戦略的パートナーとして、善悪を把握し、正しい立場を堅持し、政治的コンセンサスを遵守し、リズムを崩さないようにすべきである」と釘を刺しています。

これに応えて、鄭義溶外相は「一つの中国の原則を堅持し……」などと言ってしまっています(少なくとも中国はそう発表しています:詳細は本稿末の記事を参照してください)。

言質を取られずにのらくらとガラをかわせなかったのかと思われますが、さすが素人集団の文在寅政権の外交長官というべきです。

合衆国の場合には「一つの中国政策は守るよ」などと言いながら、原文を読むと表記が「us”one-China policy”」になっていたりします。

つまり「合衆国の『一つの中国政策』」といっており、誰も「中国の『一つの中国』政策」を守るなんて言ってない――と言い抜けられることを意味しています。

一種の外交的詐術ですが、このようなアングロサクソン的な二枚舌は生き馬の目を抜くような国際関係の中で非常に重要な態度と申せましょう。

ところが、韓国の場合はそのままであることが歴然としており、まさに目も当てられませんし、合衆国もとても信用できないと感じているはずです。

韓国は一方で期待もしている感じアリ

ともあれ、韓国メディアも「ややこしい話になるんじゃないのか」と懸念する一方で、王毅外相の訪韓に期待する気配もあるのです。

例えば、『ChusunBiz』の記事ではタイトルこそ「大きくなる中国の韓ジレンマ…日米韓、北朝鮮の核代表会う日、中の王が訪韓」なのですが、以下のような具合です。一部を引用します。

(前略)
専門家は、王外相が今回の訪韓で、最近堅牢になった北・中密着局面をテコにして韓国の中立を要求するものと見ている。

任期末、韓半島の平和プロセス再起動のために外交戦に総力を傾けている文在寅政府としては、北朝鮮を対話の場に引き出すために、中国の支援が切実だ。

一部では、王外相が来年02月に北京オリンピックを契機に文大統領の訪中を要請することもあり得るという分析も出ている。

最も劇的なシナリオは、習近平中国国家主席の手配によって南北首脳が北京で会うというものだ。

大統領選挙まで1カ月を残した時点で、南北首脳会談が実現すれば、与党の『共に民主党』は、中国が要求する「戦略的あいまいさ」をより長く維持する案を検討することができる。

⇒参照・引用元:『ChusunBiz』「大きくなる中国の韓ジレンマ…日米韓、北朝鮮の核代表会う日、中の王が訪韓」

という具合に、もしかしたら習近平主席の手配で北京オリンピックの際に「南北首脳会談」が実現するのではないか、という夢も見ているのです。

文在寅大統領からすれば望むところでしょう。「それでノーベル平和賞がもらるのではないか」ぐらい考えているかもしれません(もし取れたら次期政権が保守になっても捕まらないで済みそうなので)。

夢を見るのは勝手ですが、一方の合衆国の方はどのようになだめるつもりなのでしょうか。

もう何度だって言いますが、韓国の場合には、すっぱり中国陣営に入ってしまうという選択肢があり得ます。日本からすれば信じられない選択ですが、韓国の場合にはアリですし、あり得ます。
 
 
さて、この王毅外相の訪韓で何が出るでしょうか。

【悲報】韓国外相が「一つの中国の原則を守る」と中国に言ってしまう
G7を前に中国・王毅外相が韓国・鄭義溶外相と電話で話し、中国側に立つように釘を刺しました。 このことはすでに韓国メディアのみならず、日本メディアでも報じられています。 韓国では「上から目線で大きなお世話だ」的な反応で、日本では韓...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました