おススメ記事
広告

「K-豆腐」ってなんだ(笑)。合衆国で大ヒット「輸出量4倍」達成!……だそうです

広告

最初に小ネタであることをお断りして始めさせていただきます。誠に申し訳ありません。

人造肉を使ったハンバーガーの大ヒットに見られるように、アメリカ合衆国では健康志向の植物由来食品が受けております。その流れで合衆国での豆腐消費量が急増しており、それに韓国産の豆腐もいっちょがみしているとのこと。

韓国メディア『韓国経済』では「K-豆腐」と称して、記事タイトルにもなっております。同記事から一部を引用します。

05日、『韓国農水産食品流通公社』(aT)によると、今年6月までの集計では、豆腐の輸出量は総計3,306tで、前年同期(838t)に比べ約4倍に増加した。

輸出額も506万ドル(約60億ウォン)を記録し、前年同期170万ドル(約20億ウォン)に比べ3倍に増えた。

⇒参照・引用元:『韓国経済』「『K-豆腐』米国で大ヒット…需要急増に輸出ピョン!と4倍」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

この実績は「原材料となる大豆の関税率を特別に5%と安く設定して輸入し、食品メーカーに供給することで実現できた」とのこと。

また、

(前略)
豆腐はサラダのトッピング用に海外の需要が増えている傾向にある。今年はコロナ19で免疫力向上などの機能性食品への関心が大幅に大きくなるにつれて、植物性タンパク質が豊富な豆腐が合衆国で大きな人気を集めている。

全豆腐輸出量の75%が合衆国に輸出されるほどだ
(後略)

だそうです。景気がよろしいのはいいことですが、豆腐にまで「K」を付けなくてもいいような……。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました