トピック

セルコリアで外国人の韓国株保有が激減!「韓国通貨危機」以来の減少

Money1では連日KOSPI(韓国総合株価指数)の動向をご紹介していますが、外国人投資家は韓国株式市場から資金を抜き続けています。 2022年05月16日、韓国の金融監督院が公表したデータによると、2022年の月次の売り越し金額は以...
トピック

韓国「企財部」新長官が危機感を露わにする。インフレ退治を優先

韓国尹錫悦ユン・ソギョル新政権の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副首相兼企画財政部長官が危機感を露わにしています。 2022年05月15日、秋慶鎬(チュ・ギョンホ)長官は政府庁舎で懇談会を開催。韓国経済について危機的状況であると明言しました。...
トピック

韓国「永久の米韓通貨スワップ」と言い出す。しかし無理っぽいので「予防線」も張る

アメリカ合衆国のバイデン大統領が訪韓する日が近付いていますが、またぞろ「通貨スワップ」をアメリカ合衆国に要求しなければならない――という報道が韓国メディアに出ています。 しかも「永久の米韓通貨スワップ」などという主張もあります。 ...
トピック

「ドルウォン」16日(月)夕刻・なんと陽転!「1,283ウォン」ウォン安進行

2022年05月16日(月)の韓国時間※が終わりました。15:44現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 陽転しました(笑)。ウォン安が進行しています。現在の...
トピック

「韓国株式市場」16日(月)決着・残念ながら下落で締め!KOSPI「2,596」

2022年05月16日(月)の韓国株式市場が締まりました。15:30現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 ギャップアップしてスタートした...
トピック

韓国「価値がほぼゼロ」になった暗号資産の空売りで大もうけ――という話

読者の皆さまもご存じのとおり、韓国産の「テラ」(そしてルナ:後述)という暗号資産が大暴落して価値が「ほぼゼロ」という事態になりました。 これを開発したのはクォン・ドヒョン(別名ド・クォン:Do Kwon)という人物で、「韓国のイーロン...
トピック

韓国「企業負債も時限爆弾」金利上昇で点火するかも――という話

もう05月半ばになり、次のアメリカ合衆国『FOMC』(Federal Open Market Committeeの略:連邦公開市場委員会)が意識されるよう時期になりました。 06月・07月にも合衆国は連続で政策金利を「0.5%」上げる...
トピック

「ドルウォン」05月16日(月)初動・短い陰線で「1,277ウォン」

2022年05月16日(月)の市場が開きました。10:15現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 短いですが陰線でウォン高方向に進行しています。ヒゲでも分かる...
トピック

「韓国株式市場」05月16日(月)初動・KOSPI「2,615」ギャップアップも陰線!

2022年05月16日(月)の韓国株式市場が開きました。10:00現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 ギャップアップして始まりましたが...
トピック

外国人「セルコリア12兆」の衝撃。韓国「ウォン安」「株安」方向は変わらない

韓国の通貨ウォンは対ドルで安値進行を続けており、そのため「通貨スワップが要る!」などと連呼するようになっています。 しかし、これはアメリカ合衆国が金融緊縮方向に動いているのが原因なので、合衆国が「ドル流動性スワップ」を提供して止まるも...
トピック

韓国・逆襲の李在明に包囲網がじわじわ迫る

大変に注目される韓国の「第8回全国同時地方選挙」。 「国会議員に当選して政界に返り咲きだ!」と補欠選挙に立候補した、李在明(イ・ジェミョン)さんですが、雲行きが怪しくなってきました。 まず、政権を握った『国民の力』が「国会議員の...
トピック

韓国尹大統領が夫婦で靴を買いに出かける。Googleの誤訳が面白い

小ネタです。誠に申し訳ありません。 2022年05月14日15時頃、韓国の新大統領尹錫悦ユン・ソギョルさんが夫婦で「新世界百貨店」江南店に出掛け、大統領の靴を購入した――と報じられています。 ↑そのときの模様を報じる『中...
トピック

韓国「特殊活動費」の内訳は明らかにできない。文在寅が「中抜きした」過去がある

韓国に尹錫悦ユン・ソギョル新政権が誕生し、これによって前文在寅政権が内部で具体的に何を行っていたかの文書は全て「大統領記録館」に移されました。 一般的な文書は15年後、機密性の高い文書は30年後にしか公開されません。 先にご紹介...
タイトルとURLをコピーしました