おススメ記事

韓国「賃金を支払わない」滞納額が1.8兆! 史上最大規模に拡大

広告

韓国はもともと賃金払いのいい国とは申せません。

韓国では賃金の未払いが発生しがち

韓国は「労働者に対する賃金支払い」の滞納が発生しがちなのです。これは韓国メディアも書いていることで、本当です。例えば「2016年」には「賃金未払いが日本の10倍」という報道が出たりしました。

取り上げられたのは、

韓国
賃金未払い労働者:32.5万人
未払い金額:1兆4,286億ウォン

日本
賃金未払い労働者:3万5,120人
未払い金額:127億2,138万円

2016年時点

労働者数が「日本:3万5,120人」「韓国:32.5万人」ですから、まさに10倍規模です。金額も韓国の1兆4,286億ウォンは、ざっくり1/10で換算すると「1,428.6億円」。

未払い額は「日本:127.2億円」「韓国:1,428.6億円」で、やはり韓国は日本の10倍超の未払い賃金があるということになるのです。

これを1人当たりで計算すると、

1人当たりの賃金未払い金額
韓国:439万5,692ウォン
日本:36万2,226円

です。439万5,692ウォンはざっくり1/10で「43万9,569円」ですので、1人当たりの未払い賃金も韓国は日本より多いのです(1人当たりで約1.2倍)。

この賃金未払い体質は、現在では変わったのでしょうか? 答えはもちろん「NO」です。

「賃金の未払い」滞納額が史上最大に

雇用労働部と『共に民主党』のユン・クニョン議員室が衝撃的なデータを公表しました。2023年は、賃金未払いの滞納額が史上最大規模に膨らんだというのです。以下が2019年~2023年の滞納額の推移です。

これまで最高だった「2019年:1兆7,217億ウォン」を抜き、2023年は「1兆7,845億ウォン」に達しました。約1.8兆ウォンとなり、対前年比で「約32.5%」も増加したのです。

これは建設業界での賃金滞納が著しく増えたためと見られます。

建設業種での賃金支払い滞納額
2022年:2,925億ウォン
2023年:4,363億ウォン

建設業種では、1年で滞納額が「1,438億ウォン」増え、約1.5倍になりました。無茶苦茶です。

背景には、不動産業界の景気不振、原材料価格上昇に伴って工事費原価が上がってしまい、賃金が支払えないという状況に陥ったものと見られます。先にご紹介したとおり、建設会社の廃業件数も上昇しており、いかに韓国の建設業界が苦境に陥っているのか分かります。

韓国建設業の不況。廃業が1.6倍に増えた! お金が回らず借金も限界
Money1でもご紹介したとおり、施工能力ランキングで16位といわれる『泰栄建設』がワークアウトを申請し再生手続きに入りました。韓国の建設会社がPF(プロジェクトファイナンス)関連もあって大変な苦境に陥っているのは確かです。お金が回らなくな...

これまで借金で凌いできた会社が次々と折れていっているのです。

建設業界のことは置くにしても、賃金をきちんと支払えず、滞納額が過去最高にまで膨らむなど、まともな状態とはいえません。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました