おススメ記事
広告

国家公務員の平均給与はやっぱり高いのか!?

広告

%e5%9b%bd%e4%bc%9a

ボリンジャーバンドの話が続きましたので、本日はちょっと株価の話を離れて「収入」の話です。日本人の平均年収はだいたい「400万円」ぐらいだといわれます。「公務員は給料が高くていいなああ」なんていわれるわけですが、では公務員の皆さんの給与はどのようになっているのでしょうか!? 国家公務員の平均給与について調べてみました。

国家公務員の給与については、毎年「人事院」が「国家公務員給与等実態調査」を行ってその結果を発表しています。2015年(平成27年)の調査結果によると、国家公務員全体(全俸給表)の平均給与については以下のようになっています。

●国家公務員全体での平均給与
平均給与月額:41万6,455円
 俸給:34万4,410円
 地域手当等:3万7,425円
 俸給の特別調整額:1万1,521円
 扶養手当:1万1,670円
 住居手当:4,692円
 その他:6,737円

職員数:25万4,781人
平均年齢:43.3歳
平均経験年数:21.8年

平均給与月額は、「俸給」「地域手当等」「俸給の特別調整額」「扶養手当」「住居手当」「その他」の合計金額です。また、

俸給……俸給の調整額、平成27年切替えに伴う経過措置額及び差額基本手当を含む
地域手当等……異動保障による地域手当及び広域異動手当を含む
その他……本府省業務調整手当、寒冷地手当、特地勤務手当等である

となっています。
この平均月額給与を12カ月分にすると「499万7,460円」となりますが、ここには賞与金額が入っていません

国家公務員の賞与の実態調査データというのは人事院にはないので、内閣官房内閣人事局が発表しているデータを見ますと……。

「平成27年6月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」には、
平均支給額(= 支給月数 × 平均給与額) 約61万9,900円
(平均年齢:36.7歳)

また、

「平成27年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」には、
平均支給額(= 支給月数 × 平均給与額) 約65万8,600円
(平均年齢:36.4歳)

となっています。この夏・冬の賞与金額を合計すると「127万8,500円」になります。この、内閣人事局の発表資料の金額には内閣総理大臣に支払った賞与なども入っているため、単純に合算するのはまずいのですが、とりあえず前述の「499万7,460円」と足してみますと「627万5,960円」となります。

かなり乱暴な概算値ではありますが、正社員サラリーマンの平均年収「400万円」とはかなりの開きがあります。同じ国家公務員でも「役職」等によって給与は異なりますし、そんなにもらってないという方も多いでしょう。しかし、賞与を入れず単純に12倍した分だけで「499万7,460円」ですから、平均値で比較しても国家公務員の皆さんは給与面で恵まれているといえるのではないでしょうか。

⇒データ出典:『人事院』の「平成27年国家公務員給与等実態調査の結果」

⇒データ出典:『内閣官房内閣人事局』の「平成27年6月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」

⇒データ出典:『内閣官房内閣人事局』の「平成27年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」

(吉田ハンチング@dcp)

タイトルとURLをコピーしました