おススメ記事
広告

ラオスも中国の「債務の罠」にやられる!「電力会社」を取られる羽目に

広告

中国が外国に多大なお金を貸し付け、返済がうまくいかなくなると借金のカタにその国の資産を取り上げるという行為を続けています。

これを「債務の罠(わな)」と呼ぶわけですが、先にMoney1でもご紹介したとおり、これにやられた国は自国の主権を取り上げられてしまいます。

最も有名なのは、2016年にスリランカが債務不履行に陥って「ハンバントタ港の99年間の運営権」を中国企業に渡してしまった例でしょう。

この最新の例が『大紀元時報』に報じられました。2020年09月05日付けの記事によれば、

債務不履行を避けるために、ラオスの国営企業『ラオス国立送電網公社』の管理のほとんどを中国企業に引き渡さざるを得なくなった

⇒参照・引用元:『大紀元時報』「CCPの債務の罠に陥り、ラオスは電力会社を中国企業に引き渡さざるを得なくなった」

とのこと。

ラオスは裕福な国ではありません。

債務残高:12億ドル
外貨準備高:8億6,400万ドル(06月基準)

その上、中国から借金漬けにされています。

オーストラリアのシンクタンクによれば、

中国への債務がGDPの45%を占める

とのこと。

中国が貧しい国を狙い、このような病人の布団をはぐような行為を行っていることを見逃してはならないでしょう。

以下は先にMoney1でご紹介した「債務の罠」についての記事です。もしよろしければ併せて読んでいただければ幸いです。

中国の仕掛けるあこぎな債務契約 ケニアで内容が暴露される!
中国はアフリカ、東南アジアなどの後進国においてインフラ建設などに資金を供給しています。しかし、その国が契約を履行できない場合には、債務保全を名目に資産の差し押さえを強行しています。安易に中国から資本を入れ、大事な国の資産が中国の手に...
「インド太平洋ファンド」とは? 中国の「一帯一路」を封じろ!
中国は自国の影響力を増し、経済圏を拡大するために「一帯一路」という構想を提唱しています。2019年03月23日には、財政難のイタリアがG7メンバーとして初めて同構想に支持を表明するという珍事(協力への覚書に署名)も起こっていますが、...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました