毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「財政危機」とは?

from Sponsor

国が「財政危機」に陥った、といわれる場合には具体的に何が起こっているのでしょうか?

借金を重ね過ぎるのが発端で……

まず財政危機は、赤字・借金を積み上げることで起こります。財政赤字がずっと続き、赤字国債を発行して凌いでいるなんて国は危ないのです。

借金の規模が大きくなり、その国のGDPと比較して「返済できないのではないか」と目されるようになると、長期金利が上昇します。この長期金利は、その国が発行している長期国債に付く金利のことです。

なぜ上昇するかというと、「借金を返せないかもしれない」(国債に付くはずの利子を支払えないかも/元本を返済できないかも)という恐れが投資家の間に広がり、その国の国債に人気がなくなるからです。

買おうという人が引くような国債を買ってもらうには「利率を上げる」しかありません。そのため「大丈夫か?」と思われた国の長期金利はもれなく上昇します。

長期金利の上昇は利払いを上昇させる

この長期金利の上昇は国の支出を増やすことになります。

というのは、ほとんどの国では国債の満期が来ても、その金額を償還しておしまいとはいかないのです。お金を償還するために新たな国債を発行し、利払いだけでガラをかわすという自転車操業を行っています。格好よく「ロールオーバー」なんて言ってもいいですけれども。

ところが、長期金利が上昇するとその分国債の利払いが増えます。買ってもらうために利率を上げたので当然ですね。つまり、ただでさえ多くの借金を抱えていて大変なのに、利子を支払うための負担が増大し、もっと苦しくなっていくのです。

せっかくお金を借りても利払いのためにそのほとんどが消える――というクレジットカードをたくさん持っている多重債務者のような状態に陥るわけで、これが進行すると、国債の発行ができなくなり(発行する国債の信用がなくなり誰も買ってくれない)ついには利払いもできずにドボン!です。

ですので、財政危機とは「借金を重ねた結果、長期金利が上昇し、破綻(デフォルト)が懸念されている状態」のことです。

(柏ケミカル@dcp)

「不況型黒字」とは?
「不況型黒字」という言葉があります。これは景気が良くないのにも関わらず経常収支が黒字になっている状態のことを指します。 経常収支は「貿易・サービス収支」「第一次所得収支」「第二次所得収支」の合計ですが、簡単にいえば「輸出を行っ...
「ドル化」とは?
基軸通貨(キーカレンシー)であるアメリカ合衆国の「ドル」。Money1でも折に触れドルの強弱についてご紹介してきましたが、ドルの強弱は世界の経済状況を大きく変化させます。自国通貨が弱い国は、時に非常に強まったドルによって通貨危機とな...
トランプ師匠、パウエルFRB議長が気に入らない
11月27日、ワシントン・ポスト紙のインタビューの応えた合衆国・トランプ大統領は、FRBのパウエル議長を「まったく満足していない」と評しました。もともとトランプ大統領は、利上げを行うFRBについて苦々しく思っている風を隠そうともして...
タイトルとURLをコピーしました