南朝鮮「外貨準備」現金たるDeposits(預金)は5年間で最低

韓国の12末時点での外貨準備が発表され、現金たるDeposits(預金)が、11月末時点から73億ドルも減少したことが明らかになりました。

2019年12月末時点でのDeposits(預金)は「12.9」Billion Dollars(129億ドル)となっているのですが、2015-2019年の直近5年間を調べてみましたが最低の金額です。以下がここ5年間での「外貨準備におけるDeposits(預金)」の推移です。

この金額に最も近いのは2015年12月末の「13.3」Billion Dollars(133億ドル)です。

2018年12月末にも「13.7」Billion Dollars(137億ドル)と近い数字となっています。韓国では12月末に現金が減少するのが通例なのか、と調べてみましたが、この5年間では以下のようになります。

2015年11月末 ⇒ 12月末 91.2億ドル減少
2016年11月末 ⇒ 12月末 72.9億ドル減少
2017年11月末 ⇒ 12月末 20.2億ドル増加
2018年11月末 ⇒ 12月末 28.3億ドル減少
2019年11月末 ⇒ 12月末 73.0億ドル減少

この5年間で12月末に前月比でDeposits(預金)が増加したのは2017年のみ。減少した4年のうち3年が「91.2億ドル」「72.9億ドル」「73億ドル」と大幅な減少です。

なぜここまで現金が減るのかですが、恐らく最も穏当な回答は「何らかのSecurities(証券類)を購入したから」というものです。このご時世、預金していても利息がつかないので、それよりはお金が増える「形」にしておく、というのはうなずけます。

ただ、そうであったとしても問題は「どんなSecurities(証券類)」にしたのかです。

現金たるDeposits(預金)が減ったことについて「アレでドルを失った」「コレでドルを溶かした」など面白い仮説はいくつも立てることが可能ですが、裏が取れません。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「外貨準備」12月末に現金が73億ドル・36.1%も減少
2020年01月06日、2019年12月末時点での韓国の外貨準備高が韓国銀行から発表されました。以下のようになっています。 外貨準備高:4,088億ドル(前月末比:約14億ドル増加) <<内訳>> ⇒Secur...
アメリカ一強政策でドル高基調も外貨準備のドル保有は減る!?
合衆国・トランプ大統領が標榜する「アメリカファースト」は、とりもなおさず「世界各国がどうなろうとアメリカさえうまくいけばいい」という「アメリカ一強」政策です。そのため、同盟国だろうが何だろうが全方位で難癖をつけ、脅しつけています。 ...
韓国・外貨準備のウソが露呈した日
国際経済の統計は非常に面白く、それを見ること、分析することが一つの趣味になるほどです。各国の経済を見ることは、その国の本質を見ることでもあります。数字はウソをつきませんからね。しかし、公表されている数字自体がウソで、そのウソが一気に...

コメント

  1. […] 南朝鮮「外貨準備」現金たるDeposits(預金)は5年間で最低 […]

  2. […] 南朝鮮「外貨準備」現金たるDeposits(預金)は5年間で最低 […]

タイトルとURLをコピーしました