おススメ記事
広告

韓国03月「輸出拡大500億ドル突破」と喜んでいますが……これでは駄目です

広告

2021年03月の韓国の輸出入について「11カ連続黒字」「輸出500億ドル突破!」と惹句が踊る報道が韓国メディアから出ております。

報道が引用しているデータは「産業通商資源部」が2021年04月01に公表した「2021年03月の輸出入動向」です(以下:公式サイトより引用)。

輸出:538.28億ドル(対前年同期比:16.6%増
輸入:496.53億ドル(対前年同期比:18.8%増
貿易収支(輸出 – 輸入):41.75億ドル

これが惹句の元ネタになっているわけですが、肝心の「貿易収支」(貿易でのもうけを示します)のところに対前年同期比がありませんね。実は、

2020年03月
輸出:461.67億ドル
輸入:418.04億ドル
貿易収支(輸出 – 輸入):43.63億ドル

でした。つまり、

2021年03月
輸出:538.28億ドル(対前年同期比:16.6%増
輸入:496.53億ドル(対前年同期比:18.8%増
貿易収支(輸出 – 輸入):41.75億ドル対前年同期比:4.3%減少

貿易でのもうけは前年割れなのです。

輸出が500億ドルを超えたのはいいことでしょう。輸入が拡大しているのも2020年のことを考えれば肯定的なサインと捉えることができます。しかし、肝心の貿易でのもうけが減っているのに喜んでいる場合でしょうか。

あと、このデータは関税庁のデータを基にしています。先にご紹介したとおり、これがまたズレるのです。はっきりいえるのは、貿易収支が「40億ドル/月」レベルでは駄目ということです。

今回は03月の輸出入の結果ですが、間もなく02月の国際収支統計が公表されます。どんな数字になるのか楽しみという他ありません。

⇒参照・引用元:『韓国 産業通商資源部』公式サイト「2021年3月の輸出入動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました