おススメ記事
広告

バイデン大統領が「チャイナウイルス」などの呼称を禁ずるのにつながる「大統領覚え書き」を出した

広告

旧聞に属する話になっていますが、2021年01月26日、バイデン大統領は「チャイナウイルス」「武漢ウイルス」などの呼称を禁ずることにつながる「大統領覚え書き」(Presidential Memorandum)を出しました。

ネット上では「大統領令」(Executive Order)とされていることもありますが、正確には「大統領覚え書き」です。

「大統領令」「覚え書き」の両方とも大領の下す命令ではありますが、「大統領令」は「行政命令」ですが、「覚え書き」には「行政命令と異なり、連邦官報への記載義務がなく、また、法執行を命じるにあたって必要とされる根拠法を明示する必要もない」という違いがあります。

以下です。

⇒参照・引用元:『ホワイトハウス』公式サイト「Memorandum Condemning and Combating Racism, Xenophobia, and Intolerance Against Asian Americans and Pacific Islanders in the United States」

この覚え書きをもって「やはりバイデンは親中派だ」などと断じるむきもありますが、それはあまりにも短絡的な発想といえます。

この覚え書きは、

Memorandum Condemning and Combating Racism, Xenophobia, and Intolerance Against Asian Americans and Pacific Islanders in the United States

人種差別、外国人排斥、およびアメリカ合衆国のアジア系アメリカ人と太平洋諸島系住民に対する不寛容を非難し、戦う大統領覚書

というもので、主眼は「アメリカ合衆国のアジア系アメリカ人と太平洋諸島系住民に対する不寛容」や差別が行われないようにすることだからです。実際、コロナ禍の中、海外で日本人が不当な扱いを受けるといったことがありました。

言葉を封じるためだけのものではなく、そのような行動もやめさせようとするものです。「親中派だからこのような覚え書きを出した」というよりも、左派政権らしい大統領覚え書きといえるのではないでしょうか。

赤アンダーライン部分は梅川健先生の「第7章 大統領による政策形成と「大統領令」:オバマからトランプへ」p.63より引用

(松田ステンレス@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました