おススメ記事

韓国政府が『ガス公社』に30億ドル規模「通貨スワップ」を頼んで断られた!

広告

非常に面白いスクープ記事が韓国メディア『ソウル経済』に出ました。

ドル強が弱まったというのにウォン安が進行し、さぞ韓国の金融当局も困惑していると思われるのですが、舞台裏ではドタバタがあった模様です。

『ソウル経済』の記事から一部を以下に引きます。

22日、関係省庁によると、企画財政部は先月、『ガス公社』に外国為替スワップ締結の意思を打診した。

企画財政部が要請した為替スワップの規模は30億ドル(約4兆ウォン)で、1件当たりの満期は3カ月だ。

企画財政部は為替スワップ規模を30億ドルから段階的に拡大する案も提案したという。

政府関係者は「最近、エネルギー価格の上昇でガス公社のドル需要が大幅に増えた」とし、「(為替スワップは)『ガス公社』のドル需要を分散させて外国為替市場の負担を減らそうという趣旨」と説明した。

企画財政部は、『ガス公社』が為替レートの変動性を高めたとみている。

昨年、ウクライナ問題で液化天然ガス(LNG)価格が高騰し、一気に急増した『ガス公社』のドル需要が為替市場の不安定を助長したということだ。

実際、LNG価格上昇の余波で昨年の天然ガス輸入額(568億3,000万ドル)は過去最高を更新した。

1年前(308億4,400万ドル)と比べると約85%も急増した規模だ。

しかし、政府の提案は『ガス公社』の反対で結局、雲散霧消となった。

為替スワップ締結時に為替リスクにさらされ、負担が少なくなかったというのが『ガス公社』側の説明だ。
(後略)

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「[단독]정부, 30억弗 외환스와프 SOS쳤지만…가스公은 ‘NO’」

猛烈に格好悪い話です。

かつて、国策銀行『輸出入銀行』が『サムスン電子』からドルを借りたことがありますが、それに匹敵するぐらいといえます。

韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態。そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ
2020年03月19日に『韓国銀行』はアメリカ合衆国のFED(FederalReserveSystemの略称:連邦準備制度)とスワップライン※1(韓国の言い方では「通貨スワップ」)を締結。すぐさまドルの調達に入りました。この時期は世界的にド...

まだマシなのは、「ドルを借りる」という話ではなく、こちらがドルを提供するから「市場でドルを調達するのをやめてよ(ウォン売りドル買いをやめてください)」という点だけです。

話の筋としては、「国民年金公団と締結した為替スワップ(一応記事の表記に合わせます)」と同じで、大量にドルが必要なクジラが市場で「ウォン売りドル買い」を行うとウォン安が進行するので、それを止めるための苦肉の策です。

「為替スワップ」を『ガス公社』に持ちかけ、しかも規模は30億ドルから始めて拡大していこう――としたのに、『ガス公社』側は断ったのです。

『ガス公社』は確かに燃料を海外から買ってこないといけませんので巨額のドル資金が必要です。また、資源価格の急騰により、必要な額は増加しています。

しかしながら、この話は傑作という他ありません。まず、韓国の金融当局がいかにウォン安を恐れ、現在のレートに対する懸念を抱いているかが分かります。その危機感は、外国から資源を購入するインフラ企業に頼むほどに市場調達をさせたくないのです。

『ガス公社』が断った理由は明らかです。『ソウル経済』は以下のように書いています。

(前略)
もし『ガス公社』が外国為替スワップ締結後に為替損失を被ると、これはデリバティブ損失となり、財務構造の悪化につながる。

過去、昨年の液化天然ガス(LNG)価格の急騰の余波で未収金が10兆ウォンに迫った状況でデリバティブ損失まで増えれば、株主反発は火を見るよりも明らかだ。
(後略)

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「[단독]정부, 30억弗 외환스와프 SOS쳤지만…가스公은 ‘NO’」

ヘタを打つと「財務状態の悪化につながる」と書いていますが、Money1でも何度かご紹介しているとおり、『韓国ガス公社』の財務状況はすでに悪いのです。

上掲のとおり、2022年12月末時点で『韓国ガス公社』の負債比率は「642.9%」もあります。つまり、負債が自己資本の6.429倍積み上がっているのです。

もう相当に経営が傾いている公社に、企画財政部はさらにリスクを取れと強要したというわけです。スゴいことです。これが政府のやることでしょうか。

同記事によると、企画財政部は諦めていないとのこと。韓国金融当局は通貨安を恐れています。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました