毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「韓国ウォン」25日深夜・アメリカ時間で再びウォン安「1,215-1,216ウォン」へ

from Sponsor

韓国通貨「ウォン」の安値トレンドを注視しています。2020年02月25日(火)のアメリカ時間に入りましたが、26日(水)00:55現在(日本時間)ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

上掲はローソク足1本が1日の値動きを示す「日足」ですが、先の記事と比べて陰線(チャート上を下落するローソク足のこと)の実体線がずいぶん短くなったのがお分かりいただけるでしょうか? つまりウォン高進行が反転してウォン安方向への動きが強まっているわけです。

ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

およそ「1ドル=1,212ウォン」で底を固めて、アメリカ時間に入ってからウォン安トレンドを強めて上昇しています。テッペンはおよそ「1ドル=1,216ウォン」ですが、ここでダブルトップを形成するとまたウォン高方向へ下落すると見ることができます。プイライスアクションとしてはけっこうな正念場を迎えたといえるでしょう。

また随時記事を制作し、ドルウォンチャートの状況をご紹介します。この記事もあくまでも25日(火)の途中です。

追記
2020年02月25日(火)が決着しましたので、以下の記事を制作しました。ダブルトップよりもレンジになり、いったんは下落(ウォン高方向へ進行)しますが反転。ウォン安が進行しました。しかし……でした。本記事に併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国ウォン」25日(火)決着! 戻し入るも「1,215ウォン」で着地
通貨安トレンドが続く韓国の通貨「ウォン」。Money1では「1ドル=1,200ウォン」を防衛線と呼んできましたが、すでに防衛線から10ウォン以上もウォン安が進行しています。このトレンドがどこまで続くのかが注目されます。 202...

(柏ケミカル@dcp)

【老後資金を作ろう!】 日本人に必要な投資リテラシーとは? 日本人の不幸とは?
日本人は欧米人に比べて「投資についてのリテラシー」が足りないといわれます。 2019年6月、金融庁の「老後資金に2,000万円が不足する」という審議会報告書が話題になりました。この文書に刺激を受けてにわかに「自分の老後資金」に...
【老後資金を作ろう!】 資金を「倍」に増やす! あなたもできる!
前回に続いて『一般社団法人 日本つみたて協会』の太田創(おおた つくる)代表理事に「金融リテラシー」についてお話を伺います。 日本人は欧米人に比べて投資についてのリテラシーが足りないといわれます。 しかし太田先生によれば...
アメリカの「老後のための基本の積立制度・IRA」
老後の生活を支える資金をどのように確保するかは誰にとっても大問題です。日本人、アメリカ人、どこの国の人であっても気にしていなけければならないことですね。アメリカには「IRA」という基礎的な積立制度があることをご存じでしょうか? ...
タイトルとURLをコピーしました